ここから本文です

【豚肉を食べるなら】パプリカクリームソースVSミラノ風フライ

4/27(木) 11:30配信

東京ウォーカー

きょうはお肉をがっつり食べたい! そんな気分のときに重宝するのが、豚とんカツ用肉。特売になることも多く、美肌に欠かせないビタミンもたっぷりです。焼く、揚げる、煮る、と調理法もいろいろ。今回はボリューム満点でおしゃれな2品をご紹介。元気をチャージして、残り少ない1週間をのりきってください。 

【写真を見る】ソースの野菜は、さっと炒めて小麦粉を加え、シャキシャキとした食感を残して仕上げる





■ カラフルな野菜ソースが決め手「ポークソテーパプリカクリームソース」

<材料・2人分>豚とんカツ用肉2枚、下味(おろししょうが小さじ1、酒大さじ1、塩・こしょう少々)、ソース(牛乳3/4カップ、新玉ねぎ1/4個、赤パプリカ1/6個、さやいんげん4本、小麦粉大さじ1/2、塩・こしょう少々)、サラダ油、バター

<作り方>

1.豚肉はところどころ筋切りし、下味の材料をもみ込んでおく。ソースの玉ねぎは7~8mm角、パプリカは7~8mm四方に切り、いんげんは小口切りにする。

2.フライパンに油小さじ1を熱して豚肉を約3分焼く。焼き色がついたら上下を返し、ふたをして約2分蒸し焼きにして器に盛る。

3.フライパンをきれいにし、バター10gを溶かし、ソースの玉ねぎ、パプリカ、いんげんを炒める。バターがなじんだら小麦粉をふり入れ、粉っぽさがなくなるまで炒めて牛乳を加え、とろみがつくまで木べらで混ぜながら煮る。塩、こしょうで調味し、2の豚肉にかける。好みでイタリアンパセリを添えても。

(1人分450Kcal、塩分1.0g、調理時間20分)



■ 粒マスタードが決め手「豚肉のミラノ風フライ」

<材料・2人分>豚とんカツ用肉2枚、ベビーリーフ1パック、ケチャップソース(トマトケチャップ大さじ2、中濃ソース大さじ1)、ころも(粒マスタード大さじ1、小麦粉適宜、溶き卵1個分、パン粉適宜)、塩、こしょう、揚げ油

<作り方>

1.まな板に豚肉をのせ、めん棒でたたいて、半分くらいの厚さにし、塩、こしょう各少々をふる。粒マスタードをぬり、小麦粉を薄くつけ、卵、パン粉の順にころもをつける。バットに並べてラップをかけ、冷蔵庫で約10分やすませる。

2.フライパンに1cm深さの揚げ油を入れて熱し、1を入れてこんがりと焼き色がつくまで2~3分揚げる。裏返し、数回油をかけながら、さらに2~3分こんがり揚げ色がつくまで揚げる。食べやすく切って器に盛り、ケチャップソースをかけ、ベビーリーフを添える。

(1人分646Kcal、塩分2.4g、調理時間25分)



あなたは今晩、どっちのレシピを選びますか?



【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:4/28(金) 2:11
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。