ここから本文です

ミニオンに道の駅や新緑BBQも!GWに行くべき関西の注目スポットランキング

4/27(木) 12:00配信

東京ウォーカー

待ちに待ったゴールデンウィークがやって来る!今年は、平日の2日(5月1日、2日)を休めば最大9連休。そこで、関西の話題の新名所から人気パークまで、GWに行くべき注目スポットを、1位から10位までランキング形式で紹介。近場からドライブスポットまで、テンションが上がるネタ満載!<※情報は関西ウォーカー(2017年4月18日発売号)より転載>

【写真を見る】「カルビーポテト」の「スナックコロッケ(8個入り)」(全5種・各390円)/阪急うめだ本店 B1

■ <10位>日帰り温泉に、花畑やアスレチックも!ネスタリゾート神戸

グランピングなどが楽しめるリゾート&エンタメ施設として、2016年7月にオープンしたネスタリゾート神戸。森に囲まれた約230万平米の広大な園内には、新施設も続々と登場。日帰り温泉「延羽の湯 野天 閑雅山荘」&花畑「ネスタ フローラ 花結びの谷」をはじめ、4月下旬にはアスレチック施設「スカイジャングル」もオープン。グランピングや「ネスタイルミナ」など従来の魅力的な施設と合わせて丸一日遊べる。

■ネスタリゾート神戸<住所:兵庫県三木市細川町垂穂894-60 電話:0794-83-5000 時間:8:30~21:00 ※施設により異なる 休み:不定休 ※施設により異なる 料金:施設により異なる 駐車場:3000台(500円)/1日) 交通:山陽自動車道三木東ICより2分>

■ <9位>都会の人気公園「てんしば」に新店オープン!

天王寺公園のエントランスエリア「てんしば」。そのピッツェリアやカフェなど11店舗がそろう人気エリアに、新たに2店が仲間入り。公園に臨む開放感たっぷりのダイニング「SORAIRO KITCHEN in TENSHIBA PARK」では、200g超のステーキや農家直送野菜のバーニャカウダなどを提供する他、テラス席で期間限定でBBQが楽しめる。大阪産の野菜や、新鮮果物&野菜を使用したスムージーやソフトクリームを味わえる「産直市場 よってって」もオープンし、さらににぎやかに!

■SORAIRO KITCHEN in TENSHIBA PARK<住所:大阪市天王寺区茶臼山町5-55 てんしば 電話:06-6718-4132 時間:11:00~23:00(LOフード22:00、ドリンク22:30) 休み:施設に準じる 席数:170席 駐車場:なし>

■ <8位>新ブランドも登場!最新名物が続々の“デパ地下”

菓子メーカーと百貨店のコラボなど、多くの注目ブランドが並び、話題の商品目当てに行列ができることもあるデパ地下。4月に、新たにオープンした3ブランドもヒット間違いなし!阪急うめだ本店では、カルビーが“日本一のおいしさ”を目指したコロッケ専門店の「カルビーポテト」に、「UHA味覚糖」の新食感グミスイーツ「cororo」がオープン。大丸梅田店では、フルーツ大福専門店「菓実の福 -ni ni gi-」の「いちごの福」が登場。どれも人気に火が付くこと間違いなし!

■ <7位>ワンランク上の空間!ホテルで楽しむ大人のビアガーデン

ハイクオリティな料理に良質なサービスが堪能できる、高級ホテルのビアガーデンをが続々登場。緑豊かな日本庭園で楽しめる「セント レジス ホテル 大阪」では、ニューヨークNo.1クラフトビール「ブルックリン・ブリュワリー」をはじめ、和食やグリル料理のほか、創作的な洋食も並ぶ。その他にも、1回20席限定の「ザ・リッツ・カールトン大阪」、ロマンチックなプールサイドで過ごす「ホテルニューオータニ大阪」など、通常のビアガーデンとはひと味違う、ラグジュアリーな空間と料理が楽しめる。

■セント レジス ホテル 大阪 セントレジス シャンパン&ビアガーデンテラス<住所:大阪市中央区本町3-6-12 セント レジス ホテル 大阪12F セントレジスガーデン 電話:06-6258-3333 休み:なし 席数:100席 料金:リチュアル(フードなし)4900円から 時間:17:30~22:30(LO22:00)、土日祝17:00~22:30 制限時間:90分 予約:当日予約可 交通:地下鉄本町駅よりすぐ>

■ <6位>都会で手軽に楽しむ!街なか新緑BBQ

普段はカフェやレストランとして営業する街なかの店が、テラスなどで実施するBBQプランが今、大人気。大阪・難波のなんばパークスでは、緑と風と水を感じながらBBQが楽しめる「ザ・ルーフトップ バーベキュー」を3月にオープン。他にも、植物園の緑に囲まれた京都・北山の「IN THE GREEN」、大阪・中之島公園内の「“R”RIVERSIDE GRILL&BEER GARDEN」、ホテル屋上でバカンスBBQが楽しめる「ハイアット リージェンシー大阪」など、緑が映える初夏ならではの風景と共に、BBQが堪能できるぞ!

■ザ・ルーフトップバーベキュー<住所:大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス8F 電話:090-4656-0851 時間:11:00~15:00(土日祝11:00~16:00)、18:00~23:00(金土18:00~23:30) ※BBQ最終受付各120分前 休み:なんばパークスに準じる 席数:120席 料金:6月30日まで4000円(通常は4500円) 交通:南海なんば駅と直結>

■ <5位>西日本最大級のスタバも誕生!開港150年の神戸港

開港150年を迎えた神戸港では、多くのイベントを開催し、「港」への関心を高める事業を一年を通じて実施。メリケンパークが大幅なリニューアルをとげ、4月21日には西日本最大級の「スターバックス」も誕生。さらに、30周年を迎えた食ブランド「TOOTH TOOTH」の新カフェレストランのオープンのほか、メリケンパーク周辺では大型イベントがGWごろに続々と実施され、神戸のウォーターフロントが大いに盛り上がる!

■スターバックス コーヒー 神戸メリケンパーク店<住所:兵庫県神戸市中央区波止場町2-4 電話:078-335-0557 時間:8:00~22:00 休み:なし 席数:105席 駐車場:メリケンパークの駐車場を利用 交通:JR、阪神元町駅より徒歩15分>

■ <4位>京都駅前の新名所!京都タワーサンド

京都タワーの地下1階から地上2階までの商業フロアが改装され、「京都タワーサンド」として4月14日にオープン。地下1階は、「食べ歩きが楽しいフードホール」をコンセプトに、地元の名店や話題の店を集め、京都の食を堪能できる。1階は、「京都北山 マールブランシュ」などの和洋菓子やコスメなど、おみやげに使える京都名物がそろう。2階には、京都の和菓子作り体験などができるワークショップ。どのフロアも京都らしさ満載!

■京都タワーサンド<住所:京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1 京都タワービルB1~2F 電話:075-746-5830(9:00~20:00) 時間:1・2F 9:00~21:00、B1 11:00~23:00(一部店により異なる) 休み:なし 交通:JR京都駅より徒歩3分>

■ <3位>新しい道の駅!神戸フルーツ・フラワーパーク大沢FARM CIRCUS

味覚狩りや遊園地、BBQなどが楽しめる神戸フルーツ・フラワーパークが道の駅として3月30日にオープン。注目は新たに登場した「FARM CIRCUS」。地元農家が毎日届けてくれる新鮮野菜や神戸の特産品の販売をはじめ、レストランやカフェなども充実。旬の地野菜がたっぷりのご当地グルメなど、北神戸の食文化を体感できる。入園無料の遊園地や天然温泉などの施設は従来のまま。北神戸の自然の中で丸一日遊ぼう!

■道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢FARM CIRCUS<住所:兵庫県神戸市北区大沢町上大沢2150 電話:078-954-1940(FARM CIRCUS) 時間:10:00~21:00 ※店により異なる 休み:なし 駐車場:660台(無料) 交通:六甲北有料道路大沢ICよりすぐ>

■ <2位>花イベント&新グルメもある“淡路島”

淡路島では、5月28日(日)まで「淡路花祭2017春」を開催中。島内に70か所ある花の札所などで、GWの花やさまざまなイベントが楽しめる。会場の一つ、淡路島国営明石海峡公園では、ネモフィラやリビングストンデージーなどがGWに見ごろを迎える。その他にも淡路島では、淡路島牛丼や生しらす丼などのご当地グルメに加え、新たな名物「淡路島サクラマス丼」(3~5月限定)が登場。さらに、うずしお科学館やクラフトサーカスもリニューアルするなど、今年のGWの淡路島は、例年以上に楽しいスポットが満載だ!

■淡路島国営明石海峡公園<住所:兵庫県淡路市夢舞台8-10 電話:0799-72-2000 時間:9:30~18:00(最終入園17:00) 休み:なし 料金:入園料410円 駐車場:約500台(500円/1日) 交通:神戸淡路鳴門自動車道淡路ICより車で5分>

■ <1位>ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにミニオン・パーク誕生!

“やり過ぎ限界突破”をテーマに、新しいアトラクションやショーエンターテイメントが続々登場の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」。第1弾の「ドラゴンクエスト・ザ・リアル」(9月3日まで開催)は、整理券の配付が終了するほどの人気ぶり!さらに、人気キャラクター・ミニオンの世界最大のエリア「ミニオン・パーク」が4月21日に誕生。エリアにはライド・アトラクションに加え、グッズショップなどの8つの施設が入り、ミニオンがハチャメチャな騒動を巻き起こす。また、「ハリー・ポッター」エリア初となるナイトショーなど、ニュース満載のパークはGWの最注目スポットだ。

■ユニバーサル・スタジオ・ジャパン<住所:大阪市此花区桜島2-1-33 電話:0570-20-0606 時間:日により異なる(要問い合わせ) 休み:なし 料金:大人7600円から 交通:JRユニバーサルシティ駅より徒歩3分>

最終更新:4/27(木) 13:44
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

最高の休日を過ごしたい
シアワセを生む睡眠
パリ発の“紙”ブランドとは?
BEST of 美術展

Yahoo!ニュースからのお知らせ