ここから本文です

世界を旅した気分になる朝食!「bills」のオリエンタルな新作メニューに注目

4/27(木) 21:42配信

東京ウォーカー

シドニー発のオールダイニング「bills」が2017年4月24日(月)より、bills 2017 SPRING/SUMMER MENUを提供開始した。今回のメニューは、「bills」創設者である、ビル・グレンジャーが世界中を旅してインスパイアされた料理をテーマに生まれた。2016年に続き、アジア圏内の食のトレンドに関心を寄せており、2017年の春・夏もアジアンテイストを感じるオリエンタルなフードを堪能できるのだ。新作メニューをいち早く「bills銀座」で食べてきたのでレポートする。

【写真を見る】柚子胡椒が効いたアスパラガスのグリル

■ 世界を旅した気分!旅からインスパイアされたオリエンタルな新作メニュー

「レンズ豆とブッラータチーズのサラダw/シトラスドレッシング」はレンズ豆、レタス、インゲン、イエロートマト、バジル、ミント、レモンにブッラータチーズが入ったボリュームあるサラダ。中東の風味を楽しめるレンズ豆に、キャラメリゼしたレモンやバジル、ミントが爽やかさを足してくれる。一皿でパワーチャージできるサラダだ。

「アスパラガスのグリルw/ゆず胡椒、サワークリーム、セサミソルト」では、美しいグリーンのアスパラガスをセサミオイルでグリルしている。そこにアクセントを加えるのが、ビル・グレンジャーが日本で食べ、インスパイアを受けた調味料、柚子胡椒だ。野菜がたっぷり摂れるヘルシーな前菜メニューである。

「グリーンリゾットw/ディル、パルメジャーノ」は、色鮮やかな緑色が美しい一皿。爽やかな野菜のリゾットは、小松菜やホウレンソウに含まれるクロロフィル(葉緑素)を使用している。デトックスといった美容効果や健康を考えたメニューだ。

「ソフトシェルクラブ、チョリソー、キムチのフライドライスw/ポーチドエッグ」は、フライドしたソフトシェルクラブに醤油がしっかり効いたハワイ風のフライドライス。ビル・グレンジャーがハワイで気に入り、定番となったメニューをアレンジした一皿だ。

「ババガヌーシュw/ざくろ、フライドブレッド」グリルした香ばしい茄子のピューレをタヒニという生のセサミを練ったペーストやスパイスと混ぜた中東の料理。モチモチのフラットブレッドにペーストをたっぷりのせて食べる。ザクロやくるみ、セロリなどが添えられており、さまざまな素材の食感も楽しめる一品だ。

「チキンとグリーンパパイヤのスパイシーサラダw/コリアンダー、ピーナッツ、サンバルアスリ」は、チキンと青パパイヤをサンバルという東南アジアのチリペーストであえたスパイシーなアジアンスタイルのサラダ。ピリッとしたアジアンテイストな味わいは夏にぴったりのメニューだ。

「bills銀座」は、昼間は柔らかい光が差し込む開放的な空間であり、夜は夜景とカクテルを楽しめるバーにも変身。東京の中心で気軽に朝食を食べられ、またドレスアップをしてアフタヌーンティーや豪華なディナーを堪能できる。「プライムフィレステーキ」といった肉料理も銀座限定のメニューとして楽しめる。また、ベイビーシャワーやバースデイパーティなどで貸切できる個室の空間もあり、用途に合わせて利用が可能だ。洗練された空間でオリエンタルな新作メニューを楽しんで見てはいかがだろうか。【ウォーカープラス編集部/しおグル】

最終更新:4/27(木) 21:42
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

最高の休日を過ごしたい
シアワセを生む睡眠
パリ発の“紙”ブランドとは?
BEST of 美術展

Yahoo!ニュースからのお知らせ