ここから本文です

川崎フロンターレ・大島僚太「今までは憲剛さんに頼っている部分もありましたが……」得点につながるパスを目指す

4/27(木) 13:12配信

BEST TIMES

川崎フロンターレのボランチとして活躍する大島僚太選手。今後伸ばしていきたい技術、能力についてお聞きした。

――これから伸ばさなければいけないと感じているところを一つあげるとしたら? 

 ボランチとしては、攻撃面でいえば、やっぱり前の選手に対してのパスですね。前の質問でも言いましたが、やはりパスの出し手として、今後はより受け手の動き出しを見逃さないようにしないといけないと思っています。背後へのボールに関しては特に、出せるように改善するべきポイントだと考えています。

――フロンターレに限って言うと今、背後を狙う動きに関しては、中村憲剛選手が大きく担っている印象で、大島選手ときれいに役割分担されている気がしていたのですが、今後は二人で小林悠選手らの背後に出していくこともある、ということでしょうか? 

  そうですね、今までは憲剛さんに頼っている部分もありましたが、僕が両方のプレーをすることができれば、憲剛さんは違うプレーにも集中できるのかなと。
 やはり縦に急ぐ時と急がない時とで、二人で完全に役割分担してしまうより、僕一人でその両方の舵取りができれば、憲剛さんの負担も減りますし、より面白いゲームになると思います。

――そうした試みの中で、個人のスキルが上がっていくということもあると思うのですが、たとえばイニエスタのように長短のパスが上手くできて、かつシュートも上手く、得点能力もある“ボランチ像”を思い描かれている部分はあるのでしょうか? 

 ボールを持っている時は、自分のパスで相手を一気にひっくり返すというか、一気に得点チャンスになるようなプレーをすることがベストだと思っています。
 サッカーをしているといつも、「ボールを取りに来る敵をかわしたい」という欲が出てしまうことが、正直あるんです。その部分に楽しさを感じてしまうんですけど、今後はもっと得点に絡むことを考えて、点を取るためのパスを出していきたいと思っています。

取材・文/BEST TIMES編集部 写真/花井智子

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。