ここから本文です

新人も、ベテランも! 社会人にふさわしい「スーツ」のマナー

4/27(木) 6:01配信

オトナンサー

 4月に新社会人となった人は、そろそろ新人研修が終わり、配属先の部署で本格的に業務をスタートさせている頃でしょうか。最初はぎこちなかった「スーツ」にも少しずつ、慣れてきたことと思います。

 オトナンサー編集部では、連日の新入社員研修で身だしなみの大切さを伝え続け、好評を得ているマナーコンサルタントの川道映里さんに、新社会人のための「正しいスーツの着こなし方」を聞きました。新社会人以外の人も改めて勉強しましょう。

「無地」で落ち着いた印象を与えよう

「『身支度、仕事半分』という言葉をご存じでしょうか。これは朝、髪型から靴まで完璧な身だしなみで出社してきた社員は、すでにその日の仕事の半分を終えたのも同然という意味です。社会人にとって『身だしなみ』はそれくらい大切なのです」(川道さん)

 川道さんによると、身だしなみのポイントは「清潔感」。相手に不快感を与えないよう、相手中心の身だしなみを心がけます。

 まずはスーツの選び方です。ビジネススーツには大きく、無地とストライプの2種類がありますが、ビジネスシーンにおいては、落ち着いた印象や気品を醸し出せる無地がふさわしいそうです。

 ストライプは、おしゃれではありますが、「気品を醸し出せる、エレガントさに欠ける印象になります」(川道さん)。スーツは、海外から入ってきた文化であり、海外のスーツのマナーを参考にすると、白や赤などの、太くて目立つストライプが入ったスーツは、「マフィアが着るもの」というイメージがあるそうです。

「ただし、ストライプを絶対に着てはいけないというルールはありません。目立つ色の、太いラインが入ったものは避け、おしゃれをしたい時は、職場のルールやTPOを考えて、なるべくストライプが目立たないものを選びましょう」(川道さん)

 スーツの色は、落ち着いた印象の黒や濃紺、ダークグレーがふさわしく、相手に安心感を与えることができます。

 女性の場合、スカートの選び方にも注意が必要です。丈が短すぎるものや深いスリットの入ったものは避け、座った時にひざが隠れる程度の長さのものを着用するのが無難です。パンツスーツは機能的ではあるものの、フォーマルではないため、相手やシーンを考えて着るようにします。

1/2ページ

最終更新:4/27(木) 9:32
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

日々報じられるニュースの中から気になる話題をピックアップし、掘り下げた記事や、暮らしに役立つ基礎知識などをお届けします。