ここから本文です

「埼玉で暮らすには月収50万円必要」調査結果に絶望の声

4/27(木) 16:00配信

マネーポストWEB

 埼玉県労働組合連合会(埼労連)が、「埼玉県で人並みの生活を送るには月収50万円が必要」という調査結果を発表し、ネット上で大きな波紋を呼んでいる。

 このニュースは、4月17日付けの朝日新聞が報じたものだ。アンケートは、日常生活におけるお金の使い方を聞く「生活実態調査」と、生活に必要な持ち物を聞く「持ち物財調査」に分かれており、埼労連の組合員597人が回答。

 回答者の7割以上が持つ物を「必需品」とし、それを持つ生活を「普通の生活」と定義したところ、「30代夫婦で小学生と幼稚園児」では約599万円(月収約50万円)、「40代で中学生と小学生」では約647万円、「50代で大学生と高校生」では約821万円の月収が必要であることが明らかになった。

 厚生労働省が2月に発表した「平成27年賃金構造基本統計調査」によれば、同年の男女合計の平均賃金は304万円。都道府県別の賃金でも、埼玉県の平均賃金は304万円となっており、「月収50万円」とはほぼ2倍の差がある。それゆえネットには、

〈子供2人なら妥当なところじゃないかなと思う〉
〈確かに長い目で見て学費積み立てをするとなるとそのぐらい必要だよ〉

 と納得の声もあるものの、

〈50万もないと人並みの生活できないのか...半分くらいで家族3人暮らしてるんだがなぁ... 〉
〈埼玉で暮らすのには、月収50万でやっと人並みになれるのか。 早く人間になりたいなぁ〉
〈定年間近でもその年収は無理だな。。〉

 などとめ息をつくような人が続出。

〈そんなん40~50歳でも貰えねーよアホかって思いました〉
〈人並みの生活するには最低月収50万とかナメてんのか 結構な数の人間が人並みの生活してないんじゃねーの〉
〈その半分以下の月収で生きてるわ。こっち的に人並みの生活してるつもりだわ。バカにしてんのか〉

 など、怒りを露わにする人も現れている。

 埼労連の調査結果は、賃金の底上げや負担を下げる政策を訴えるためのものデータとなるはずだったが、その一方で、多くの人に絶望感を与えるものになってしまったようだ。

最終更新:4/27(木) 16:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。