ここから本文です

【5分でできるおつまみレシピ】豚のハチミツ生姜焼き

4/27(木) 17:10配信

@DIME

定番料理の豚の生姜焼き。老若男女、誰しもが大好きなメニューですよね。ただ、定番だからこそ、工夫がほしい。オリジナル性が欲しい。そうは思いませんか? それでいて、かんたんであれば尚更いいと…。そんな我がままを、今回は1つの手間と、1つの味付けによって叶えたいと思います。味付けとしては、タイトルにもある“ハチミツ”を加えること。これによって、生姜焼きに風味とコクと甘味をプラスします。そしてもう1つの手間は…、作り方と共に紹介したいと思います!

【グラフ】豚のハチミツ生姜焼き

用意する食材はコチラ!

-材料- 原価
・豚ロース肉 150g(200円)
・玉ねぎ 1/2個(35円)
・水菜 少々(20円)
・小麦粉 大さじ1
・ハチミツ 大さじ2
・おろしにんにく 大さじ1
・おろししょうが 大さじ1
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ1
・しょう油 大さじ3
・白ごま 少々
・サラダ油 大さじ2

(材料費約255円。調味料等は材料費に含めず)

それでは5分間の料理タイムアタック、スタート!

【0:00スタート】

1、水菜は食べやすい大きさに切る。

【0:30経過】

2、玉ねぎはヘタを取り、1~2cm幅に切る。

【1:00経過】

3、ボールに豚ロース肉を入れ、小麦粉をまぶす。

★POINT

ここが冒頭で紹介した、1つのコツです。このように、粉をまぶすことで炒めた時にタレがよく絡み、肉に味がよく乗るようになります。このひと手間を加えることで、一口食べた時の満足度は大きく変わりますよ。

【1:30経過】

4、別のボールに、おろしにんにく、おろししょうが、酒、みりん、しょう油、ハチミツを加え、合わせ調味料を作る。

★POINT

ここで、作ったタレをしっかり味見をしましょう。今回のタレは調整が簡単です。甘めが好き、辛めが好きなどの好みがあると思いますが、しょう油とハチミツの配分で、ぜひ好みの味を探してみましょう。

【2:00経過】

5、フライパンを火にかけて温め、サラダ油をひき、豚肉を炒める。

豚肉に6~7割ほど火が入ったら、玉ねぎを加えてさらに炒め、合わせ調味料も加えて強火で煮詰める。

★POINT

タレを加えてからは、酒などのアルコールを飛ばす意味でも、強火で一気に火を入れましょう。焦げないように注意しつつ、タレに濃度を出す感覚で煮詰めます。

出来たものと水菜を皿に盛り、白ごまを振りかけて、完成です。

【5:00経過】

 いかがでしょうか。言わずもがな、食欲そそりますよね! 酒のあてにも、ご飯のお共にもいける、最強メニューです。そして、やっぱり効いてくるのはハチミツの風味。絶妙な甘さとまろやかな香りがたまりません! 今回は、ひと手間加えるだけで何倍も美味しくなるコツでした。どうぞ、お試しあれ!

『お料理うんちくツイート』~ハチミツの区別~

ピンからキリまで値段の差が出るハチミツ。その1つとして、まずは、混ぜ物無しの純粋ハチミツか、人工甘味料などが入ったハチミツ風シロップか。その次に、産地の差。日本のスーパーに売っているハチミツのほとんどが中国産である。また、純粋ハチミツの中でも、一切、人工的に熱加工もしていないものは生ハチミツと呼ばれ、花蜜の栄養が破壊されず残る高級品もある。

文/ムッシュ・フジタ

@DIME編集部

最終更新:4/27(木) 17:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント