ここから本文です

獲得狙った金満マンCも尻込み? モナコが18歳新鋭FWの移籍金を156億円に設定

4/27(木) 8:00配信

Football ZONE web

フランス&CLで猛威を振るうムバッペ メガクラブが獲得に関心

 今シーズンの欧州サッカーシーンで一躍名を挙げたのは、モナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペだが、金満で鳴るマンチェスター・シティてさえ尻込みするほどの移籍金額が設定されたと、英紙「タイムズ」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 昨年12月で18歳になったばかりのムバッペは、今季に入ってコロンビア代表FWラダメル・ファルカオと強力2トップを形成。リーグアンではすでに13ゴールを挙げている。またUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ドルトムント戦でもゴールを決めるなど、チームのリーグ首位、CL4強進出の立役者となっている。

 突如現れたニュースターの獲得に向けて、機先を制そうとしたのはシティだ。ジョゼップ・グアルディオラ監督就任1年目となった今季はスタートダッシュに成功したものの、不安定さを露呈し、無冠が濃厚となっている。特にCL決勝トーナメント1回戦でモナコと直接戦い、ムバッペに2試合で2得点を浴びた。その印象が強烈だったこともあってか、補強候補としてムバッペをリストに載せたという。

 しかしモナコ側も、チームの将来を担うべきムバッペを易々と手放すつもりはないようだ。シティ側に突きつけた移籍金は1億1000万ポンド、日本円にして約156億円もの額だったという。これに対して、さすがのシティも興味を失ったとされる。

 ムバッペに対してはレアル・マドリードやバルセロナといった各国メガクラブも興味を示している。“156億円の18歳”となったムバッペを巡って、今後も様々な噂が飛び交いそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/27(木) 8:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新