ここから本文です

チェルシー監督がマンチェスター勢に痛烈な皮肉 「いつも金を多く使う者が勝つわけではない」

4/27(木) 10:20配信

Football ZONE web

プレミア首位快走のコンテ監督が長期的戦略の重要性を説く

 プレミアリーグで首位に立つチェルシーのアントニオ・コンテ監督が、巨額補強を続けるマンチェスター勢に痛烈な言葉を残している。英メディア「ユーロスポーツ」などが報じた。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 チェルシーは現地時間25日のゲームで、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンに4-2で勝利し、首位を守った。2位トットナムとの勝ち点差4を維持しながら、プレミアリーグ制覇に向けて歩みを進めている。

 シーズン開幕前にイタリア代表監督として欧州選手権を戦い、今季から指揮を執る“戦術家”のコンテ監督は、マンチェスター勢を引き合いに出し巨額補強について語った。

「今シーズンは、いつでも金を多く使った者が勝利するわけではないと理解するのに非常に重要なシーズンだ。マンチェスターの2チームが大量の補強費を使ったのは、今シーズンだけではない。彼らが、もしタイトルを勝ち取るための手段が金を使うことであると考えるなら、そうする理由や戦略があったのだろう。しかし、全ての一つひとつのクラブには自分たち自身の戦略があるべきだ」

 現在、ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるシティ、ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるユナイテッドには数字上の可能性が残るだけで、実質的に優勝争いからは脱落している。しかし、ユナイテッドは2年間で500億円とも言われる補強費を費やし、シティもまたグアルディオラ監督のオーダーに従うように選手をかき集めた。チェルシーを率いるコンテ監督も潤沢な資金を持つクラブの指揮官だが、長期的な戦略の必要性を説いている。

「基盤を強化することが本物の強さになる」

「いつの時期も大切なことは、正しいバランスを見つけることだ。もし、どうしても金を使う必要があるなら、チームのスタイルに合い、キャラクターも優れた選手を獲得するために使うべきだ。我々にとっては、今シーズンは新しいものを築き上げるために重要なシーズンだ。巨額の資金があっても基盤を強化すること、将来につなげる強化をすること。ゆっくりと本当の力を身に着けること。それが、将来の本物の強さになる」

 イタリア王者ユベントスで3連覇を果たした経験を持つコンテ監督は、短期的に有力選手を買い漁るクラブを否定的に捉え、長期的なチーム強化が本物の強さになると語っている。移籍市場をにぎわす大型補強を繰り広げるマンチェスター勢に対して、戦略性の観点から痛烈な皮肉を述べた。

 イタリアからやってきた智将が率いるチェルシーが優勝し、トットナムが昨季の3位から順位を上げる成績を残せば、インフレ状態にあるプレミアリーグの選手獲得競争に対して一石を投じることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/27(木) 10:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新