ここから本文です

独誌がアウクスブルク宇佐美を酷評 降格危機のチームで「なんの役割も果たしていない」

4/27(木) 11:00配信

Football ZONE web

16位に低迷する要因の一つに今季の補強失敗を挙げる

 ブンデスリーガは今シーズンも残り4試合と終盤戦を迎え、バイエルンが5連覇に向けて順調に歩みを進めている。それと同様に注目されているのが、熾烈な残留争いだ。その中でドイツ誌「フォークス」の電子版では、現在2部3位とのプレーオフに回る16位に沈むアウクスブルクの特集が組まれており、日本代表FW宇佐美貴史についても言及されている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

「信じがたいことだが、FCアウクスブルクは今年落ちる可能性がある」との書き出しで始まる文章では、2011-12シーズンから6シーズン連続となるブンデス1部での今季の戦いで、苦戦を強いられている理由が列記されている。「創造的なアイデアを実現するため、組織だった試合はなく、守備力に関しても非常に弱い試合が多い」と、攻守両面で弱体化している現状を厳しく指摘している。

 また中小クラブゆえの、小規模な予算でのやり繰りについても触れられている。特に今シーズン開幕前に移籍市場で積極的な動きを見せなかったとし、その失敗の一人として宇佐美の名が挙げられている。

今季ブンデス11試合出場でいまだ無得点

「タカシ・ウサミとモリッツ・ライトナーは両者とも100万ユーロ(約1億2000万円)以上の価値を示しているだろうか。彼らはすでに、ブンデスリーガ内で失敗していた。そして彼らは今シーズンもなんの役割を果たしておらず、これは驚くべきことではない」

 実力を買われて昨夏加入しながらも、レギュラーを取りきれていない宇佐美らに対して厳しい評価を下した。出場機会こそ少しずつ増えている宇佐美だが、今季は11試合に出場しいまだノーゴール。残留争いの渦中にあるチームを救う一撃を決めて、周囲の見る目を変えることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/27(木) 11:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新