ここから本文です

「付き合って1年以内に結婚を決めた」読者たち。それぞれの成功ポイントは? [with]

4/27(木) 20:01配信

講談社 JOSEISHI.NET

交際1年以内にプロポーズされたという読者3人に、どう出会い、結婚話を進めたかを事情聴取しました!

CASE1 FBで1年ぶりに連絡を取った彼と再会。 同棲をきっかけに結婚話に!

with girls 中井香奈さん
交際スタート 2014年5月・27歳
プロポーズ 2015年5月・28歳
入籍 2015年7月・28歳

「20代でウエディングドレスを着たい」と宣言

出会いのきっかけは、中井さんが小学校時代の仲のよい男友達に声をかけられて参加した、男女3対3の合コン。
「彼は私の友達の会社の同期。 出席者全員とFBで友達になると、すぐに彼から連絡がきて、 2人で食事に行くことに。でも、あまり盛り上がらず......。お互い仕事も忙しかったので、それ以来連絡がなくなりました」
急展開したのは、1年後。彼の職場が自分の近くになったことをFBで知り、コメントすると、すぐにランチに誘われた。
「一緒にいて落ち着くし、安心できるなと再会して改めて感じました。数週間後、ホテルのアフタヌーンティーに誘われて、その場で告白されました」
交際半年後、マンション更新のタイミングで同棲を考え始め、お互いの両親に挨拶することに。
「私の親に『結婚を考えているのか』と聞かれて、彼は『はい』 と。20代でウエディングドレス を着たいと伝えていたのに、その後彼の反応がなくやきもきしていましたが、交際1年記念日にプロポーズされました!」

POINT

「1年前の縁を『終わったもの』と思わず、また活かしたところがいいですね。『同棲は結婚前提で』と、きちんと親に挨拶に行ったこともいいきっかけに」 (恋愛アドバイザー 絵音さん)

CASE2 友達との飲み会に参加していた彼と意気投合! 勢いで結婚話が進みました!

with girls 西川志穂さん
交際スタート 2013年5月・27歳
プロポーズ 2013年7月・28歳
入籍 2014年2月・28歳

毎週末の手料理と、彼の母の一言が後押しに

西川さんの大学時代の仲間の飲み会に、そのうちの一人の友人として飛び入り参加したのが、2歳年上のご主人だった。
「当時上京したばかりだった彼に東京のおいしい店などを教えてあげたら、すごく盛り上がって。次につきあう人とは結婚したいと考えていたので、笑顔の優しい彼に好感を持ちました」
その場で翌日のランチに誘われて二人で会い、その後は週イチのペースで飲みに行くことに。
「楽しくおしゃべりしながらも、 『結婚願望ってある?』『将来田舎に帰るつもりは?』などと、さりげなく、彼のことをリサーチしてましたね(笑)」
デート3回目で、彼から告白されて交際に発展。その後は、ほぼ毎週末、自宅で作った煮魚、炊き込み御飯などの家庭料理を彼の家に持ち込んで、「おうちデート」を重ねた。
「買い物の仕方など、彼の暮らしぶりもよくわかりました。その頃、彼が電話でお母さんに『毎週末、食事を作ってくれる女性がいる』と打ち明けると、『そういう子は手放しちゃだめ!』と諭されたそう。交際から1ヵ月半、おうちデートのときにプロポーズされました」

1/2ページ