ここから本文です

アルゼンチン代表MFのゴールでバルサが歓喜 加入後320試合目である記録が“打ち止め”

4/27(木) 14:40配信

Football ZONE web

バルサがオサスナ戦で7-1圧勝、マスチェラーノPK弾のおまけ付き

 バルセロナが「MSNトリオ」のうちFWリオネル・メッシだけの出場でも、圧倒的な攻撃力を発揮した。現地時間26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第34節オサスナ戦でメッシの2得点を含む7-1で圧勝。アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノもゴールするおまけ付きとなった。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 エル・クラシコでの劇的な逆転勝利から中2日、バルサの勢いはとどまらなかった。3試合出場停止中のネイマール、FWルイス・スアレスはベンチスタートとなるなか、メッシは相変わらずの決定力を発揮した。前半12分に相手のコントロールミスを奪ってゴール前に持ち込むと、相手GKをあざ笑う左足ループであっさりと先制に成功する。

 また3-1で迎えた後半16分にはメッシが必殺のドリブル突破で相手マーカー4人を無力化してシュートを突き刺して勝負あった。この試合ではMFアンドレ・ゴメス、FWパコ・アルカセルがともに2得点を決めるなどバックアッパーが結果を残したが、意外なシーンが後半22分に待っていた。

 ペナルティエリア内でMFデニス・スアレスが倒されてPKを獲得する。通常ならMSNトリオのうちいずれかがキッカーを務めるが、メッシもこのプレー前にベンチへと下がっていた。そこでキッカーを務めたのは普段は蹴らないマスチェラーノ。ベンチのL・スアレス、イニエスタが笑顔で大盛り上がりするなか、背番号14のいぶし銀はゴール正面に蹴り込んでPKを成功させた。

公式戦319試合で無縁だったもの

 大盛り上がりしたのには理由がある。マスチェラーノは2010年にリバプールからバルサに加入したが、主に最終ラインでの守備を託されており、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」によると、これまで出場した公式戦319試合でゴールとは無縁だった。しかし今回のゴールで記録が“打ち止め”となった。

 マスチェラーノがPKを決めた瞬間、バルサのチームメートたちは自らのゴールのように喜び合った。クラシコ勝利でリーガ逆転優勝の目が出てきたチームのムードに、さらに勢いをつける初ゴールとなったのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/27(木) 14:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ