ここから本文です

ハメス獲得には妻の説得が不可欠? 「私はマドリードに残りたい」と残留熱望

4/27(木) 15:20配信

Football ZONE web

伊三大クラブのほかバイエルンやチェルシー、マンUが獲得に名乗り

 来季に向けた移籍市場で、目玉の一人となることが確実なレアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスだが、スペイン国外への移籍には身内の説得が必要な模様だ。ハメスの妻がマドリード残留を希望していることを、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ハメスはレアルでジネディーヌ・ジダン監督の信頼を十分に勝ち取っているとは言えず、次の移籍市場で放出される可能性が高まっているとされている。すでにイタリア勢ではユベントス、インテル、ACミランが獲得に乗り出したとされ、他にもドイツ王者バイエルン・ミュンヘンやプレミアリーグの強豪チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドも参戦しての大争奪戦が予想されている。

 しかし、アーセナルのコロンビア代表GKダビド・オスピナの妹でもあるハメスの妻ダニエラさんは、マドリード残留を熱望しているという。

「彼は素晴らしく集中しているし、これはものすごく個人的な決断。ここで幸せだし、彼はレアルでプレーし続けたいと思っているのでは? 私はマドリードを愛しているし、スペインでの生活は“超”がつくほど幸せ。私はマドリードに残りたい」

同じスペイン勢の名前は噂に上がらず

 ハメスの思惑とは別に、ダニエラさんはマドリード残留を熱望している。そして最後には「私はマドリードに残りたい」という自身の願望を強調している。

 現在、ハメス獲得に手を挙げているクラブに、同じスペイン勢の名前は上がっておらず、全て国外のビッグクラブになる。争奪戦を制してハメス獲得を達成するためには、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長を納得させるマネーゲームの勝利だけでなく、ダニエラさんの説得も必要になるかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/27(木) 15:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新