ここから本文です

サイコロを振って北朝鮮問題を考える(前編) - パトリック・ハーラン パックンのちょっとマジメな話

4/27(木) 18:30配信

ニューズウィーク日本版

<北朝鮮への先制攻撃を辞さない構えを見せる米軍。その成否の可能性をサイコロを使った「ウォーゲーム/机上演習」で考えよう>

サイコロを持って、北朝鮮問題を考えよう。
 
ペンス米副大統領が日本を訪問し、繰り返し強硬な発言で北朝鮮を牽制した。原子力空母カールビンソンが方向転換をして北朝鮮近海に向かっている。米政府は「すべての選択肢がテーブルの上にある」と公言して武力行使も辞さない姿勢を強調しており、先制攻撃をする可能性が1994年以来最も高い。さて、なんで「今でしょ!」?

一番シンプルな説明は"トランプ非常識説"だ。ロシアの選挙操作疑惑、側近のスキャンダル、オバマケア(医療保険制度改革)廃止案や入国禁止令の失敗などなどで叩かれっぱなしのドナルド・トランプ大統領はシリアへの空爆やアフガニスタンでの最強爆弾(MOAB)投下で、就任してから初めて評価されたのだ。

バカの一つ覚えで、低迷する支持率を回復するために北朝鮮への先制攻撃に踏み切るはず。それが非常識人としてのやり方だろう――これはアンチトランプの仲間からよく聞く陰謀説だが、僕はこれだけで議論を片付けたくない。

国際関係理論とは、行為主体がそれぞれの自己利益のために合理的に動く前提で考えるもの。北朝鮮が金正恩政権の存続のためにミサイルや核を開発し続けるのも、中国が北朝鮮の崩壊や朝鮮半島の統一を防ぐために石油の輸出を止めないのも、合理的な判断と考えられる。

正しいとは言わないが、その言動の理由を理解できる。普段からいくら非常識っぽいトランプ政権であっても合理的な計算の下で動くはずだという前提で、先制攻撃を推進する側の主張を、反対する側が理解する努力は大事だ。

そのために役立つのはサイコロ。

軍事アナリストや戦略家は他国が持っている選択枝を考え、それぞれの行動が選ばれる確率を推測したうえで、自国の行動とその結果をシミュレーションするのだ。このプロセスはよくウォーゲーム(War Game/机上演習)と呼ばれる。ゲームといっても国民の命がかかる政策につながる、とても深刻な精査方法でもある。

今回はサイコロを手に、ちょっとしたウォーゲームごっこで先制攻撃の意味を探ろう。

【参考記事】北朝鮮危機のさなか、米空軍がICBM発射実験

まず、先制攻撃の成否を考える。もちろん、さまざまなやり方や狙いは考えられる。北朝鮮が報復攻撃できないほど、移動式ミサイルなども含めて軍の施設を徹底的に破壊する大規模な攻撃もあれば、先日のシリア爆撃と同じような小規模の攻撃もありうる。

ここでは後者のほうに絞って考えよう。これは正確かつ限定的な攻撃をすることで、民間人の被害を少なくし、金正恩に「報復攻撃をしない」という選択肢を残すことを意味する。「核やミサイルの開発は許さない」と意思表示をしながら、政権の存続も許し、戦争を避けるのが理想的な落としどころとなる。

では、その作戦が成功するためにはどのような条件が揃わなければならないのか。

◆北朝鮮のミサイル発射や核実験の場所が衛星写真などで把握できる
◆そのターゲットを巡航ミサイルなどで正確に攻撃できる
◆(これが一番きわどいところだけれども)攻撃を受けても報復攻撃をしないことを、金正恩が選択する
◆攻撃後に、金正恩政権が崩壊したり、権力争いや内紛に陥ったりすることなく、核兵器や核物質をしっかり管理できる状態を保つ
◆今後、北朝鮮がミサイルや核の開発を放棄する

こういった条件が揃ったら、成功どころか、大成功とみなしていいでしょう。



もちろん、これは極めて短絡的なリストだ。実際に先制攻撃を行うなら100倍も複雑で難しい条件になるはずだが、僕らは「ごっこ中」だからこれぐらいにしよう。それでは、それぞれの項目に確率をつけてサイコロを投げよう。例えば成功率が50%だったら、サイコロの目で1~3が出たら成功で、4~6が出たら成功と考えるのだ。でもせっかくだからここでは極端に楽観的な試算で、どれにおいても85%ぐらいの確率で成功すると設定しよう。

つまり、サイコロの目が1~5なら成功となり、6が出た場合は失敗だ。もちろん、項目1つ1つに合わせて毎回サイコロを投げることになる。上記のリストだと5回投げる。1回でも6が出たら失敗になる。

この計算だと、成功する可能性は十分なように感じるかもしれない。自分のカジノを破産させたとはいえ、トランプはギャンブルが好きそう。もしかしたら、賭けに出るかもしれない。

【参考記事】英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくすぶる核攻撃の火種

ただし判断する前に、先制攻撃が失敗した場合の結果も考えないといけない。

◆北朝鮮が在韓米軍、在日米軍への報復攻撃をする
◆北朝鮮が韓国や日本の民間人への報復攻撃をする
◆アメリカ VS 北朝鮮の戦争になる
◆アメリカ+韓国+日本 VS 北朝鮮の戦争になる
◆アメリカ+韓国+日本 VS 北朝鮮+中国の戦争になる
◆アメリカ側が戦争で"勝利"しても
     ――北朝鮮の核兵器が海外へ流出する
     ――北朝鮮で内紛が始まる
     ――北朝鮮から難民が大量に出て韓国や中国も不安定になる

これらも楽観的にサイコロを投げてみてもいいが、1つでも6が出た場合、大惨事になる。いろいろな試算はあるが、戦争になったら100万人単位で犠牲者が出る事態はほぼ避けられない。そんな危険な賭けになど出たくないだろう。

ただ、ここがポイント。先制攻撃をしなくてもサイコロを投げ続けないといけない。

というのは先制攻撃をしなかった場合でも、さまざまな選択肢と可能性が残っているからだ。代替案の成果も保証できないから、先制攻撃以外のやり方も結局、一種の賭けになる。

先送りしたときのシミュレーションは次回に取っておこう。サイコロを持ったまま、続けてお読みください。

<後編(28日アップ予定)に続く>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
毎日配信のHTMLメールとしてリニューアルしました。
リニューアル記念として、メルマガ限定のオリジナル記事を毎日平日アップ(~5/19)
ご登録(無料)はこちらから=>>

パトリック・ハーラン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-8・29号
8/22発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。