ここから本文です

「住みたい街」の正体をあばく! 『首都圏「街」格差』【連載】第5話「強烈な個性がいい具合に薄まって人気に!? 赤羽」

4/27(木) 6:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 毎年注目される、不動産情報サイトや雑誌の特集で発表される「住みたい街ランキング」。そこに登場する「街」は本当に住み良いところなのか? 人気はずっと続くのか? これからランクアップする「穴場」はどこか? そんな「住みたい街」の正体をあばく文庫本『首都圏「街」格差』が好評発売中! いま首都圏で話題となっている様々な「街」をテーマ別に選定し、現地での観測調査と統計資料を使いながら実態をあぶり出していきます。

 

問題はかつてのイメージ

 赤羽は昔から「住みたい街」になれる実質的な条件がそろっていた。もともと京浜東北線と東北線の乗換えに使われる東京北部の交通の要衝である。昭和60年(1985)には埼京線が開通し、新宿や渋谷といった都内西部にも直通で行けるようになった。その後も、東京メトロ南北線の赤羽岩淵駅の開業や、湘南新宿ラインの開通で利便性がさらに向上した。

 昭和の風情があふれる商店街に加えて、駅前には大型量販店がたくさんあって便利。庶民的な街なだけに物価も安い。駅から少し歩けば広い公園もあり、子育て世代のファミリー層にも喜ばれる。残る問題はイメージだけ。「貧乏くさい」「場末」とされたかつての赤羽のイメージに、ためらう人は多かったはずだ。

 駅からほど近くにある赤羽台団地は昭和37年(1962)に完成した東京23区内初の大規模団地だが、さすがに築50年以上にもなるとかなり朽ち果てた感じがある。その荒涼とした風景も、赤羽のイメージを悪くしていた要因のひとつだろう。

 だが、最近になって大きな変化が起きている。古い団地群を抜けると突然、ガラスパネルをあしらったコンクリート打ちっ放しの建造物が現れる。平成18年(2006)から入居が始まった公団住宅の「ヌーヴェル赤羽台」。高級マンションと変わらぬ広い間取りと充実した最新設備がそろう。老朽化が進む赤羽台団地からの建て替えが進み、次々に新棟が完成しており、募集するたびに入居希望者が殺到して部屋はすぐに埋まってしまうという。

1/2ページ