ここから本文です

今食べるべき肉はこれ!わがまま肉LOVERも納得の進化肉6選

4/27(木) 5:20配信

東京カレンダー

美味しい肉料理を食べると、一気に元気が出るし、テンションもぐんと上がる。これは、老若男女問わず、言えることだろう。山形牛&米沢豚をWで楽しむすき焼き、肉の刺身、しっとり柔らかステーキなど、肉好きの肉好きによる肉好きのための、あなたが行くべきレストランを選りすぐって紹介する。

【この記事の全ての写真】

最高級の山形牛&米沢豚と野菜が華麗に競演『旬菜和食 やさいと、』

中野坂上

中野坂上にある創作和食の人気店『鈴家』の姉妹店。店主の鈴木規之氏は野菜中心の食生活に切り替え、40kgものダイエットに成功した。

その過程で野菜の知識を深め、「野菜の魅力をもっと広く知ってほしい」と無農薬・有機・自然農法を中心に、京都や群馬など全国から取り寄せた産直野菜をふんだんに用いた和食で楽しませてくれる。

しかし決して野菜だけではない。米は秋田、豆腐は長野、鮮魚は島根・松江港と、そのほかの食材も産直にこだわっている。そう、“野菜と米”、“野菜と魚”など、店名の『やさいと、』の後には、ほかの食材が入り、その食べ合わせを提案しているのだ。

中でも一番の売りが、“野菜と肉”。牛肉は最高級A5ランクの山形牛、豚肉は米沢豚とブランド銘柄を厳選し、こちらもそれぞれ山形の専門卸し業社から直接仕入れている。特に山形牛は「最高品質の肉をこの価格で食べられる店は都内にはない」と店主が胸を張る逸品。

美しいサシが入り、肉自体の甘味が楽しめる。それでいて脂の融点が低く、体内でさっと溶けるので、後味サッパリでもたれにくい。

また、店主曰く「ほかの黒毛和牛と異なり、アクが出にくい」とのことで、しゃぶしゃぶやすき焼きにも最適。色とりどりの野菜と山形牛&米沢豚のマッチングを存分に堪能したい。

左.舌の上でとろける「山形牛サーロイン 炙りステーキ」3,600円(税別)。野菜ベースの特製醤油ソースで。右.28名まで対応の座敷のほか、個室も4室完備。デートや接待、宴会など、シーンに応じて使い分けられる。

京都の町家造りを模した店内は、高級料亭のような佇まい。カウンター席もゆったりしていて寛げる。

1/4ページ

最終更新:4/27(木) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)