ここから本文です

韓国人に根拠を示しつつ論理的に反論しても聞く耳持たない

4/28(金) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 日本政府が問題解決の決定打として期待して2015年12月に締結した日韓慰安婦合意は、韓国側の反日行動を激しくさせただけでなく、合意そのものもなくなりそうな勢いだ。韓国は、なぜこのように反日に固執し、是々非々で物事を考えられないのか。評論家の呉善花氏が、日本人には理解不能な韓国と韓国人たちがなぜ反日という考え方を手放さないのかについて、語る。

 * * *
 韓国の次期大統領に誰がなろうと、親北政権となることは間違いない。新たな大統領は政権の求心力を高めるため、反日のシンボルである「慰安婦」を最大限に利用するだろう。

 日韓合意後の約1年で韓国内のいたる所に慰安婦像が設置された。しかも彼らは、「慰安婦像」を「平和の少女像」と呼ぶことで、過去の戦争被害のイメージを、未来の世界平和を訴えるイメージに巧妙にすり替えた。

 韓国では現在、慰安婦像をモチーフにしたお守りやブレスレットが女子高生などに大人気だ。彼女らにとってそれらは、平和を祈る愛国者たることを示す装飾品であり、慰安婦問題の追及は世界に向けた平和運動だと信じている。それゆえ、慰安婦像の撤去など到底受け入れられないはずだ。

 儒教の影響が強い韓国ではすべての物事は善と悪に分かれると考える。そして、日本は絶対的に悪であり、韓国は絶対的に善なのだ。悪徳国家・日本の弾圧に耐えて、「善なる被害者」である韓国が抵抗する時、虐げられた民族の心が熱く燃え上がり、不思議なパワーが生じて団結心が生まれる。

 そうした国民性を利用して、現在も韓国では日々、反日感情が煽られている。例えば今夏に公開される映画『軍艦島』は史実と異なる点が多く、日本ではすでに問題視されているが、韓国ではこの映画を報道番組が大々的に特集している。血も涙もない日本人がいかに軍艦島(長崎県)で韓国人にひどいことを行ったかを美人キャスターが情緒的に訴える。

 こうした状況は、昨年2月、日本兵が韓国人慰安婦を強姦して虐殺するという荒唐無稽なストーリーの映画『鬼郷』が公開された時を彷彿させる。その時はソウル市をはじめ、いくつかの市が「全国民が見るべきだ」として公共ホールを無料で貸し出し、そこに高齢者や小中学生の団体の鑑賞ツアーが殺到した。

1/2ページ