ここから本文です

橋本マナミ「笑っちゃいけないシーンも我慢できないんです」

4/28(金) 6:00配信

ザテレビジョン

4月28日(金)に第2話が放送される「女囚セブン」(毎週金曜夜11:15‐0:15ほか、テレビ朝日系)。殺人罪のぬれぎぬを着せられた謎多き京都の芸妓(げいこ)・琴音(剛力彩芽)が女性刑務所に収監され、そこで待ち受けている癖のある女囚たちから、超前時代的なイジメを受ける。

【写真を見る】第2話では刑務所内でダンスイベントが開催され、琴音(剛力)らは優勝を狙うが…!?

そんな中で、女囚たちのマウント合戦が繰り広げられる“刑務所群像コメディー”だ。

第2話では、刑務所内で優勝賞品(山盛りのお菓子)を懸けた、ダンスイベントが開催。琴音ら同室メンバーたちも一丸となり、本気で優勝を目指す。ダンスイベント撮影に潜入し、全身整形サイボーグで業務上過失致死罪で服役中の矢島千鶴香を演じる橋本マナミにインタビューを敢行。共演者の印象や撮影エピソード、今後の見どころなどについて語ってもらった。

■ 女性が多い現場は初体験です

――話題の絶えない楽しそうな印象を受けましたが、撮影現場はいかがですか?

女性が多いので、学園もののドラマのような感じで、和気あいあいとやっています。本当に楽しいですよ。女性が多い現場は今まであまりなくて、初めての経験ですね。

――皆さんとの掛け合いが重要なドラマかと思いますが、現場で学ばれたことはありますか?

例えば、台本を読んでいて、「どういうふうにしたらいいかなぁ?」とか、「ちょっとつながらないな」って思う部分があったとします。すると、みんなで(芝居を)合わせてみたときに、皆さんちゃんと役を作ってきているからこそなんですが、頭で考えていたこととは違うことが思い浮かぶんですね。

だから、とてもやりやすいですし、返しやすい流れになっています。新しいものが生まれていますし、発見も多いので、皆さんさすがだなって尊敬しています。

■ 山口紗弥加さんから美容の知識を学んでいます

――橋本さんが知っている、共演者の秘密を教えてください。

剛力さんは駄菓子が大好きで、休憩時間によく食べています。お菓子セットもあるようですし、食べても全然太らないから、意外な感じがします。駄菓子っていうところもかわいらしいですよね。最近、剛力さんが食べているような駄菓子を売っているところをあんまり見かけないけど、どこで見つけてくるんだろう?(笑)

――現場では皆さんでどんなお話をしているんですか?

美容の話をすることが多いですね。山口紗弥加さんの知識が豊富で、いろんなことを教えてもらいました。きょうは山口さんから“アルファルファ”という野菜を教えてもらいましたし、持ち歩いているこしょうの電動ミルを急に使い始めたので、びっくりしました(笑)。

――本当に皆さん絶えず話していたり、笑っていらっしゃいますね。

いつも何話してるんだろう? 覚えてないけど、話はたくさんしてますね。

きょうは、トリンドル(玲奈)さんがいちごが大好きなのに、いちご狩りを一度もしたことがないという話になって、ひたすらいちごの話で盛り上がりました。

みんなでいちご狩りの良さを話して、撮影の合間に行ったみたいです。そうしたら、年齡が上がるといちごはあんまりおいしくないって話になって(笑)。おいしいと思うフルーツが柿とか梨になるねって。私は真ん中ぐらいかな? いちごも好きだし、柿とか梨も好きですよ(笑)

■ 後ろに隠れて笑っちゃいました

――共演の皆さんから言われたことで、印象的なことはありますか?

安達(祐実)さんからは、「結構“笑い上戸”なんだね」って言われました。お芝居中も、本当は笑っちゃいけないシーンなのに、我慢できなくなっちゃって。きょうも(ダンス披露前に気合を入れるシーンの)「エイエイ、オー!」のとき、笑っちゃって。千鶴香はあんまり笑わない役だから、後ろに隠れて見えないようにしちゃいました(笑)。

――最後にメッセージをお願いします。

私が演じる千鶴香は全身整形をしている役で、情緒不安定。急に怒ったり、泣いたりして、相当ヤバイ子なんです。爆発した瞬間、みんなが一斉に引いていくような、ちょっと危ない人物なんですが、実はいろいろつらいことがあったんですね。本当はすごく純粋な人なので、彼女の人物像も見てほしいです。でも、オチになってしまうような面白い役でもあるので、千鶴香のそんな部分が出てきたときには笑っていただけけたらいいなと思っています。

普段の私はセクシーな印象が強いと思うんですが、今回の役は全く違うキャラなので、そういうギャップも見ていただけたらうれしいです。

【第2話(4月28日)あらすじ】

かくして花園刑務所での受刑生活が始まった琴音(剛力)だったが、相変わらず沙羅(トリンドル)たちからの“ドベ(新人)いじめ”は続いていた。

そんな中、受刑者同士の絆を深めるために“獄中ダンス大会”が開催されることに。完全にめんどくさいモードの女囚たちだが、優勝チームには大量のお菓子贈呈とインタビューの雑誌掲載があるとわかり、一気にやる気モードへ転換。突如仕切りだした“生粋の宝塚ファン”司(山口)の大号令のもと、自称“日舞の名取”とアピールする後妻業のエロ女・桜子(平岩紙)をセンターに据え、珍しく一致団結する!

時を同じくして、謎の女囚ボスから指令を受けて、琴音の身辺を探り始める桜子。自分のモテ自慢を披露しつつ、琴音が犯した殺人事件の真相や動機を聞き出そうとするが、はぐらかされるばかりで焦燥感を募らせてゆく。

一方の琴音も、刑務所内に潜む正体不明の怪しい雰囲気を敏感に察知し、警戒感を強めていた。

そしてついに迎えたダンス大会当日。琴音の母親代わりで置屋の女将・一条(梶芽衣子)や視察に来た法務大臣・内藤(高嶋政伸)らが見守る中、女囚たちの、お菓子をかけた全力のマウント合戦がスタートする!

順調に進んでいるかのように見えたダンス大会だったが、思いがけぬ罠が琴音たちを襲い…!?

最終更新:4/28(金) 6:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)