ここから本文です

「リバース」第3話放送!藤原竜也『面白いですよね、深瀬って』

4/28(金) 11:15配信

ザテレビジョン

藤原竜也主演のドラマ「リバース」(毎週金夜10:00-10:54、TBS系)の第3話が4月28日(金)に放送。本作は、湊かなえの同名小説を藤原主演でドラマ化した作品で、有名大学を卒業しながらも地味でつまらない人生を歩む主人公・深瀬(藤原)の恋人・美穂子(戸田恵梨香)の元に告発文が届いたことで始まるミステリーだ。

【写真を見る】秘密を明かしたことで美穂子と距離ができてしまい、深瀬は心のダメージを隠せない

4月21日に放送された第2話では、告発文がきっかけで、深瀬は10年前の事件について恋人・美穂子に“秘密”を打ち明けたが、そのことがきっかけで2人の間に距離ができてしまう。

第3話では、浅見(玉森裕太)、村井(三浦貴大)、谷原(市原隼人)らゼミ仲間の元にも何者かから告発文が届き、あらためて広沢(小池徹平)の事件のことを思い出す。告発文の犯人が分からず、お互いを探り始める4人だったが、深瀬は「昔の話」だと言い、どこかのんきな谷原に不快な思いを抱く。

一方、そんな彼らに接触を続けるジャーナリストの小笠原(武田鉄矢)は、10年前の事件について“殺人”の可能性を疑っていた。そして「本当に隠していることはない?」と執拗(しつよう)につきまとう小笠原に対し、深瀬はようやく重い口を開き始める。

そんなドキドキハラハラな展開が待ち受ける本作。1話放送前のトークイベントで、藤原は「今まで出させていただいた作品とは違うものになっていたので、手応えというか、多くの人に見てもらえる作品になったんじゃないか」と自信を見せていた。

1話2話の印象的なシーンで、物語の中核をも担う雪山での撮影については「湊さんの作品に出演できる喜びもありましたが、雪山で-20℃の極寒の中で撮影が始まり、撮影は大変でし」と語り、「テレビドラマでは珍しいほぼオールロケで、シーンも多いので大変です」と撮影の大変さを語った。

自身が演じる深瀬については「面白いですよね、深瀬って。好きです。背中を押されてるんですけど、先に進めないでいて。でも、未来にはきっと開けた未来があるんじゃないかってわくわくしながら生活してるんです」と分析。

さらに「でもやっぱり踏み出せない自分がいて、もぞもぞしていて、演じていて切なかったり悲しい部分がありつつ、すごく楽しい役を演じられているなと思います」と語る。

「監督が思い描く1カット1カットをどうやって成立させていくのかを考えていました。脚本も非常に優れた作品なので、余計なことを考えず演じられました。湊先生に批判されたら、監督のせいにしようと思っています(笑)」と冗談交じりに明かした。

また、恋人・美穂子を演じる戸田については「10年前から知っているので、違和感もなく、スムーズに現場に入れたのはありがたかったです。変に気を使わない、いい雰囲気を作ってくれたので、楽しんで一緒にやらせてもらってます」。

2話で微妙な心の距離ができてしまった深瀬と美穂子。3話以降、2人の関係性はどうなっていくのか、そして、続々と届く告発文の犯人は誰なのか…見逃せない展開の連続の渦中にいる深瀬の行く末を見守ろう。

最終更新:4/29(土) 14:22
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ