ここから本文です

“風薫る日本ワイン”を3本飲み比べ!「樽仕込みの白ワイン飲み比べセット」

4/28(金) 23:14配信

東京ウォーカー

メルシャン株式会社は、「シャトー・メルシャン 樽仕込みの白ワイン飲み比べセット」(8710円)を、4月27日(木)からキリンオンラインショップ「DRINX」で、100セット限定販売している。

【写真を見る】発売から2カ月で累計販売3万箱(40万本)を突破した輸入デイリーセパージュワインシリーズ「ワールドセレクション」

2016年3月よりスタートした、“ワインを愉しむ12カ月”として、毎月季節に合わせたテーマでワインを提案して人気を博している「マンスリー シャトー・メルシャン」。2017年は、日本で本格的にワインが造られはじめて140年という記念すべき節目の年ということで、さらに深く日本ワインの魅力に迫っている。

5月は、爽やかな新緑にちなみ“風薫る日本ワイン。”と題し、ピクニックに持っていきたい、樽仕込みによる味わい豊かな白ワインを紹介するとともに、話題となっているシンプルなタルティーヌ(オープンサンド)とのマリアージュも提案する。

セットに入るのは、「シャトー・メルシャン アンサンブル 萌黄 2014(白・辛口・750ml、アルコール度数12%)」と「シャトー・メルシャン 甲州小樽仕込み 2015(白・辛口・750ml、アルコール度数11.5%)」、「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード シャルドネ 2015(白・辛口・750ml、アルコール度数12.5%)」の3本となっている。

「シャトー・メルシャン アンサンブル 萌黄 2014」は、“日本の素晴らしい四季と豊かな食材に合わせて日本ワインを愉しむ”というコンセプトのもと、日本国内で育まれるそれぞれの産地のブドウをアサンブラージュ(ブレンド)することで生み出される味わいの「調和(アンサンブル)」が楽しめるワイン。福島県および長野県産のシャルドネを主体に、シャープな酸味がすがすがしい山梨県産の甲州などをアクセントとして加えた、エレガントな味わいが楽しめる。

「シャトー・メルシャン 甲州小樽仕込み 2015」は、日本固有の醸造品種「甲州」を、フレンチオークの小樽を使ってじっくりと醸造・育成させた、コクのある辛口白ワイン。2016年の香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティションで銀賞を受賞した。

「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード シャルドネ 2015」は、日本最高品質のワイン造りを目指すべく、長野県上田市丸子地区にて2003年より自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」を展開してブドウの栽培を開始し、その椀子ヴィンヤードで育まれた「シャルドネ」をオーク樽で発酵・育成した豊かな果実感のある白ワインとなっている。

爽やかな新緑の時期にぴったりの3本を、是非飲み比べてみて。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:4/28(金) 23:14
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。