ここから本文です

【池内啓人】オタク? 違う、メディア・アーティストだ! ポスト村上隆が「美少女×メカ」で夢見る未来

4/28(金) 15:00配信 有料

サイゾー

――多摩美在学中から制作を始め、最近ではITベンチャーと組んでパワードスーツの制作を手がけ、国の文化事業でも高い評価を受けている。ポスト村上隆なアーティストの、オタクな世界観に迫った。

 いつの時代でも、ゴツゴツしたメカのカッコよさと少女の美しさは、男子の心を奪うもの。ではそれらをかけ合わせたらどうなるのか? 外骨格ロボットの横にたたずむメイド、スチームパンクのような装飾が施された鍵盤ハーモニカを吹く女子高生……1990年生まれの造形作家、池内啓人が生み出した作品群を見て、本誌男性編集者の目が生き生きと輝いた。

 そこで、八王子にあるアトリエで本人を直撃すると、その原点は小学~中学時代に遡るという。

「小学生の頃からSFアニメが大好きで、小学3年生の頃に公開された『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』では、ポッドレーサーの活躍に興奮しました。しかし、中学校に入ると『涼宮ハルヒの憂鬱』にドハマリし、メカから美少女へと新たな興味が生まれます。そして、美大に入った頃からプラモ作りに目覚めた。本文:3,555文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:4/28(金) 15:00
サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2017年10月号
9月19日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:閲覧注意な動画
第2特集:哲学的水着グラビア
第3特集:MC漢、小学生と"ビーフ"対談