ここから本文です

昨夏EUROの仏代表10番、PSG移籍を断固拒否 「契約するくらいなら死んだほうがマシ」

4/28(金) 8:10配信

Football ZONE web

ティグレスでプレー中のFWジニャック、古巣のライバルクラブに嫌悪感

 メキシコ1部のティグレスでプレーするフランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャックが持つパリ・サンジェルマン(PSG)に対する嫌悪感は相当大きなもののようだ。メキシコ誌「ライフ・アンド・スタイル」のインタビューで「契約するくらいなら死んだほうがマシ」と断言した。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

「パリ・サンジェルマンが嫌いなんだ。彼らと契約するくらいなら死んだほうがマシだ」

 2010年から2015年まで名門マルセイユでプレーした31歳のストライカーは、PSGについてこう語ったという。

 2015年には活躍の場をメキシコへ移したジニャックだが、昨夏の欧州選手権(EURO)ではフランス代表で背番号10を背負った。トゥールーズ時代の2008-09シーズンにはリーグ・アン得点王を獲得した経験がある。

 フランス屈指の点取り屋は「PSGから10倍のお金でオファーされたとしても行かない」と、古巣とライバル関係にあるクラブでのプレーに断固拒否の姿勢を示した。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/28(金) 8:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新