ここから本文です

【MLB】田中、3年ぶり完封勝利!わずか97球でRソックス打線を沈黙させる

4/28(金) 11:13配信

ベースボールチャンネル

 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が、27日(日本時間28日)に敵地フェンウェイ・パークで行われたボストン・レッドソックス戦に先発。わずか97球で完封勝利を収めた。

田中のメジャーでの成績

 田中は、初回を三者凡退に抑える最高の立ち上がりを見せると、3回までわずか1安打とレッドソックス打線を封じ込めた。4回にマット・ホリデイの犠牲フライで1点の援護を受けた田中は、さらに投球のギアを上げる。

 この日は打者を次々に打たせて取ったことで、8回まで88球と極めて少ない球数で抑えた田中。味方打線がさらに2点を追加し3-0で迎えた9回のマウンドにも登り、3人を9球で仕留めて完封勝利を飾った9回97球(ストライク72球)、被安打3、与四球0、奪三振3、失点0という内容だった。

 田中のメジャーでの完封勝利は、デビューした年の2014年6月14日に行われたニューヨーク・メッツ戦以来3年ぶり。当時の球数は114球(ストライク76球)だった。

 レッドソックスを相手に2戦続けて接戦をものにしたヤンキースは、この日試合のなかった首位ボルティモア・オリオールズとの差を1ゲームとした。

 一方、敗れたレッドソックスは、先発のクリス・セールが8回を奪三振10、2失点と好投したが、打線が散発3安打で田中の前に三塁を踏むことができなかった。

ベースボールチャンネル編集部