ここから本文です

【ビューティQ&A】脚の脱毛はホームケアとクリニックのどちらがいい? [mi-mollet]

4/28(金) 14:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

こやぎさんからの質問
Q.脚の脱毛の件で質問です。あの有名な脱毛サロンだと果てしない回数と年月がかかるとエステシャンにいわれました。美容外科で1回7万円を払うのは私にはきついですし、かといって、朝剃っても夕方にはチクチクしてきます。脱毛シートがコスパも良いような気がしますが、皆さんどうしているのでしょうか?

チームmi-mollet 長谷川真弓の回答
A.「コスパの良い脱毛」は料金、手間のどちらかで手段は異なります。
以前、脱毛について記事の執筆を頼まれたとき、「今ドキの脱毛事情」がどうなっているのだろう? と取材したことがありました。
そもそも、皆さんはどこまで脱毛しているのかな? という興味もあったのです。

かくゆう私は、大人になって「脱毛した」派。量も濃さもあって、小さいときから悩んでいたのですが、その頃はニードル針で突くというような施術で、中学生のときにカットしてもらっていたヘアサロンのお姉さんがこの施術をしていました。痛いのは当たり前、さらに料金も高く……良いことなんてひとつもない状態でした(笑)。
「このまま一生、付き合っていくのかな」となかば覚悟していたのですが、今はマシーンの技術も向上したし、脱毛までが肌のお手入れとうたう人も多くなり、脱毛人口も多くなったのです。

ここからは個人的な意見になりますが、実際、私も大人になって脱毛した一人。脱毛して良かったのは「毎日のお手入れから解放されたこと」でした。ズボラな性格なのでむだ毛の処理を1日でもサボると、どんどん面倒になるんですよね。ストレスが無くなったのは、私にとってはとても大きかったです。
「お手入れから解放されたい」という美容業界の人たちは結構多く、ワキ、腕、脚などの肌見せが多いパーツの脱毛率は高かったです。最近ではVゾーンの脱毛も「している」と答える人も当たり前になってきました。

ですが、全員が全員というわけでもありません。もともと毛の量が多くない(それほど生えない)という人もいれば、「美容クリニックへ行ったけど、痛さに耐えられなかった」と断念した人も。
プラス、料金の問題もあります。やはり「高い!」という声がダントツでした。全身はさすがに無理ですが、たとえば、ワキだけのレーザー脱毛をするだけでもお手入れ時間は短縮します。

一方で、ホームケアの脱毛をしている人のメリットは「お手軽さ」です。かみそりも脱毛シートもレーザー脱毛に比べたら価格は安く、手軽にお手入れできます。最近の脱毛剤の技術も進化しているので、使ってみるのも手。
コスパの良し悪しをどこで判断するかによって手段は異なると思います。最後に、脱毛をするお手入れ法をまとめてみましたので、参考にしてみてください。