ここから本文です

マンU、ダービーで屈辱の枠内シュート1本…ライバル相手に何も出来ず

4/28(金) 8:02配信

フットボールチャンネル

 現地時間27日にプレミアリーグ第26節の試合が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはアウェイでマンチェスター・シティと対戦し0-0の引き分けに終わっている。ユナイテッドは”マンチェスター・ダービー”で枠内シュート1本しか放つことができなかった。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 英メディア『BBC』が公開しているデータによると、シティがシュート19本を放ったのに対してユナイテッドはシュート3本だけだったとのこと。そして、シュート3本のうち枠内シュートは1本だけに終わっている。また、シティのボール保持率が69%だったのに対して、ユナイテッドはボール保持率31%だった。

 試合開始して84分にユナイテッドのマルアン・フェライニが退場して1人少なくなったとはいえ、ライバル相手に何もできなかったのは屈辱的だろう。一方で、多くのシュートを放ちながらもゴールを奪えなかったシティも満足のいく試合ではなかったと言えそうだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)