ここから本文です

ミラン本田の“今夏サヨナラ率”はチーム単独1位の99% 「未来はMLSにある」と伊メディア断言

4/28(金) 10:45配信

Football ZONE web

ミラン所属選手の移籍率を予想 残留確定は7選手のみ

 ACミランの日本代表MF本田圭佑は、23日に本拠地で行われた第33節エンポリ戦(1-2)の後半43分から途中出場し、2017年になってから初めてとなるリーグ戦17試合ぶりの出場を果たした。今季限りで契約満了となる背番号10は、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督からの信頼をつかめず事実上の構想外となっていたが、終盤戦に差しかかっての出場機会増、そして契約延長にわずかな希望の光が見えてきた。だが、イタリアメディア「トゥットメルカートウェブ・コム」では、ミラン所属選手の来季「サヨナラ率」を特集。本田は在籍選手で最高となる移籍率99%と分析されている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ミランは中国人オーナーの買収手続きが完了し、30年間にわたって会長を務めたシルビオ・ベルルスコーニ氏は正式に退陣となった。中国資本による“チャイナ・ミラン”がついに発足したなか、来季の残留が確定している選手は、同記事によればDFアレッシオ・ロマニョーリ、DFイニャツィオ・アバーテ、DFダビデ・カラブリア、MFマヌエル・ロカテッリ、MFリッカルド・モントリーボ、MFジャコモ・ボナベントゥーラ、FWジャンルカ・ラパドゥーラの7人だという。それ以外の選手は、チームを去る可能性があるとされた。

 現在、期限付き移籍でプレーしている選手のうち、3人はミランが来季契約を望んでいるという。エバートンから期限付き移籍中のスペイン代表FWジェラール・デウロフェウ。バルセロナがエバートンから買い戻しオプションを行使する可能性が高まっており、流出する可能性は70%と高い。

 チェルシーからレンタル中のクロアチア代表MFマリオ・パサリッチも、ミランは来季契約を望んでいるが、デウロフェウとは事情が異なり、保有元のチェルシーは復帰を望んでいないという。金額次第で完全移籍での獲得が可能とあって、サヨナラ率は30%と低い。

スソが5%の一方、バッカは70%に…

 フィオレンティーナから昨夏加入したチリ代表MFマティ・フェルナンデスは、モンテッラ監督の愛弟子のために、故障で稼働率は低かったが、来季残留となる可能性が高い。フィオレンティーナも完全移籍での放出に前向きだという。そのため流出する可能性はわずか5%と、来季残留が確実視されている。

 ジェノアから期限付き移籍で加入しているMFルーカス・オカンポスは、保有権を持つマルセイユに復帰することが確実視されている。サヨナラ率は80%と、今夏ミランを去ることはほぼ確実だ。

 ミランは現在、今季7得点9アシストと奮闘しているウイング、スソの契約延長に必死だという。トットナムも獲得に乗り出しているが、移籍率はマティと並んで最低タイの5%となっている。

 一方、コロンビア代表FWカルロス・バッカは今季も13ゴールを決めているが、70%の確率でチームを去ると予想。18歳の守護神ジャンルイジ・ドンナルンマはレアル・マドリード、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドというメガクラブが狙っており、移籍確率は40%と見られている。サポーターから試合後に襲撃されたイタリア代表DFマッティア・デ・シリオは、ユベントスかナポリ移籍の可能性が高まっており、強化担当者に移籍を志願したとも報じられている。移籍確率は80%と、ほぼ当確と言える数字だ。

1/2ページ

最終更新:4/28(金) 10:45
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新