ここから本文です

【 本日公開! 】 今度の「ワイルド・スピード」、なぜ主人公ドミニクが敵になったのか!?

4/28(金) 21:40配信

MEN’S+

 世界中で人気を集める、カーアクション大作の「ワイルド・スピード」シリーズ。 
 
 8作目となる本作では、なんと主人公ドミニクが仲間を裏切り、攻撃を仕掛ける!とのことです。

【 予告動画を見る! 】「ゾンビカー」のシーンは要注目! 『ワイルド・スピード ICE BREAK』

映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』

 ドミニク(ヴィン・ディーゼル)と、彼が信頼する仲間たちの絆が描かれているカーアクション大作「ワイルド・スピード」シリーズの第8作目にあたる『ワイルド・スピード ICE BREAK』。

 人間関係はもちろんのこと、各キャラクターが乗るクルマとドライビングテクニックは、世界中のクルマ好きから常に注目を得ています。本作では、いきなり人間関係的な波乱が待ち受けています。なんと、主役であるドミニクの裏切りをはじめ、その他の人間関係からまさかのサプライズ、そして、またもや史上最大級のスケールで繰り広げられるカーアクションに誰もが驚かされることでしょう。

 前作の『ワイルド・スピード SKY MISSION』の撮影中に、主人公の1人ブライアンを演じたポール・ウォーカーが亡くなりましたが、本作ではブライアンが近くにいるような気配を匂わすオマージュが出てきます。シリーズ初期からのファンであれば、ブライアンがかつて使用した、あのテクニックが登場することに気づくはずです。

ブライアンの代わりに主役級の活躍をするのは?

 ブライアンがファミリーから離れてしまったため、誰が彼の代わりになるのか?とファンはきっと思っているかもしれません。その穴を埋めるのが、5作目『ワイルド・スピード MEGA MAX』から登場するホブス捜査官(ドウェイン・ジョンソン)であり、前作『ワイルド・スピード SKY MISSION』でドミニクたちを苦しめたデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)になるのです。格闘技を得意とする2人が刑務所で暴れまくる肉弾戦は、本作の見どころの1つと言えるでしょう。

 また、クリント・イーストウッドの息子であるスコットが、秘密工作員ミスター・ノーバディの部下リトル・ノーバディを演じ、本作からファミリーの一員となります。ハンサムなルックスのみならず、少しドジな一面を見せており、魅力溢れるキャラクターなので目が離せません。

1/2ページ

最終更新:4/28(金) 21:40
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!