ここから本文です

「お金は必要ない」と今夏主力流出の噂を一蹴 躍進トットナム監督が抱く“トップ4”定着の野望

4/28(金) 14:50配信

Football ZONE web

ポチェッティーノ監督がケインやアリらに浮上する移籍の噂に言及

 トットナムは昨季リーグ戦3位と健闘を見せ、今季も優勝争いを繰り広げるなどマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下で安定した強さを身につけた。アルゼンチン人指揮官はFWハリー・ケイン、MFデレ・アリなど若くて優秀な逸材を手放す意思はなく、さらなるチームの熟成を目指している。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドほどの派手さはないものの、各ポジションにタレントを擁する“スパーズ”(トットナムの愛称)。これまではトップ4の後塵を拝することが多かったが、ポチェッティーノ監督がチームに組織力を植えつけたことで勝てるチームへと変貌を遂げている。結果を残し続ける優秀な若手選手にはビッグクラブへの移籍が噂されるが、指揮官は放出を断固拒否する構えを見せている。英公共放送「BBC」がコメントを報じた。

「我々がキープしたいと思っている選手たちは、我々がキープすることになる」

 ポチェッティーノ監督は、自信満々にこう語っているという。ダニエル・レヴィ会長とも良好な関係を築きながらチーム作りを進める指揮官は、「お金は必要ない」と選手売却で得られるであろう巨額の利益ではなく、自身の目指すチーム作りに力を入れている。

 昨季プレミア得点王で、3季連続20得点超えというリーグ史上4人目の金字塔を打ち立てたイングランド代表FWケイン、16ゴールとMF離れした得点力を持つ21歳の同代表MFアリら若くて才能ある選手が攻撃を牽引。他にも高精度キックが武器のデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンや、守護神のフランス代表GKウーゴ・ロリス、ベルギー代表MFムサ・デンベレといった実力者が揃うチームは、プレミア屈指のチームへと成長した。

「シャビは今、シティで働いているのか?」

 最近ではアリに関して、元バルセロナのMFシャビ・エルナンデス(現アル・サッド)がマンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得を熱望している選手であると公言し話題になった。

 しかし、ポチェッティーノ監督はどこ吹く風といった様子で、「シャビが何を言ったのかは知らない。彼は今、マンチェスター・シティで働いているのか?」と噂話を一蹴している。

 スパーズは現在、首位チェルシーに次ぐリーグ2位。リバプール、シティ、ユナイテッド、アーセナルという強豪を抑えての堂々たる戦いぶりを見せている。エスパニョール、サウサンプトンで指導経験を積み、スパーズで躍進を遂げる指揮官は自信を深めている。

「我々は素晴らしいことを成し遂げているからこそ、そう(主力は残留すると)思う。大きなポテンシャルを持つクラブは我々の選手に注目している。我々の才能溢れた選手に、だ。しかし、素晴らしいことというのは、我々にはより成長しようとするプランがあること。そして今季終了時には、そのプランを果たそうとしているところだ」

 2季連続UEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得も射程圏内にあるスパーズ。これまでトップ4の高い壁を超えることができなかったが、ポチェッティーノ監督とともにトップ4の常連クラブへと定着することができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/28(金) 14:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新