ここから本文です

香川、独杯決勝進出は「本当に嬉しい」。一方で出場時間ゼロに終わった悔しさも

4/28(金) 13:00配信

フットボールチャンネル

 現地時間26日にドイツ杯(DFBポカール)準決勝の試合が行われ、ドルトムントはバイエルン・ミュンヘンと対戦し3-2の勝利をおさめた。この試合でドルトムントに所属する日本代表MF香川真司はベンチ入りしたものの出場することなく試合を終えている。試合後に自身のブログで心境を語った。

【驚愕サッカー動画】ドルトムント香川、今見てもやっぱり凄かった!!

 最初に「これで決勝にすすめます。本当にうれしかった」と、決勝に進出した喜びを語り「後半試合に出場するチャンスはあったけど、試合に出場はできず。悔しい思いはありますが、チームとして勝利できた事、決勝に進めた事本当にうれしい」と、試合に出場できなかった悔しさも滲ませた。

 続けて「今シーズンの最後の試合が 決勝でフランクフルト。必ず勝ちたいですね。ただチャンピオンズリーグは悔しい思いをしました。またこのチャンピオンズリーグの舞台に戻ってこれるように、やらなきゃいけない事は多々ありますまだ試合も続くので。自分が成長できる1日1日にしていきたいです」と語り、今後に向けた意気込みを語っている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)