ここから本文です

移籍市場最終日の“悲劇”はもう御免だ! マンU守護神がレアルへの売却を懇願か

4/28(金) 23:21配信

Football ZONE web

2015年夏の移籍市場で、レアル行きが前代未聞の破談となったデ・ヘア

 マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアは、一昨年の夏の移籍市場でレアル・マドリードとの移籍が合意に達しながらも、書類提出期限に間に合わず移籍が破談となる悲劇を味わった。その繰り返しを避けるために、すでにユナイテッド側に移籍願望を口にしていると、スペイン紙「マルカ」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 デ・ヘアは移籍マーケット最終日の2015年8月31日にレアルとの契約交渉が進展しながらも、ユナイテッドから必要だった書類の到着が遅れて提出が間に合わないという前代未聞の理由で移籍が成立しなかった。モチベーション維持が非常に厳しい境遇に追い込まれたものの“赤い悪魔”の正守護神の座を譲らず、ここまでプレミアリーグで63試合連続スタメン出場を果たしている。

 それでもデ・ヘアにとって、心のクラブはレアルで変わりない模様だ。同紙によると、すでにデ・ヘアはユナイテッド側に「レアルに売却してくれ」と懇願しており、レアル側も移籍期限から十分な時間を持って“デ・ヘアの移籍完了オペーレション”を済ませることを確認。5年ないし6年契約で合意に達する予定だとしている。

モウリーニョ監督も移籍を容認?

 かつてレアルを率いた経験のあるジョゼ・モウリーニョ監督は、デ・ヘアについて「憶測報道について話すことには興味ない。我々は今、非常に重要な相手と対戦している。すべての試合が重要で、ダビドがこの状況に問題を抱えているとは思っていない」と話しつつも「シーズン終了後は、選手たちが自らのキャリアをどう処していくかを考えられる期間だ」と、移籍を容認するようにも取れるコメントを残している。

 かつてアトレチコ・マドリードに所属したデ・ヘアは、今や押しも押されもせぬスペイン代表の正守護神へと成長した。7000万ユーロ(約85億円)から7500万ユーロ(約91億円)とも言われる移籍金を両クラブが合意し、2年越しの念願であるレアル入りを果たせるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/28(金) 23:21
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新