ここから本文です

【秘話】豪快かつナイーブな点取り屋、川又堅碁をブレイクに導いた"あの時の決断”とは

4/28(金) 17:00配信

SOCCER DIGEST Web

初めて経験したスランプ。

 ゴールを決めることが難しいなんて、感じたことはなかった。
 
 もともとお祭り男の性分で、本番に強いという自負もあった。
 
 学生時代はもちろんのこと、アルビレックス新潟に加入してからだって、使ってくれさえすれば決められる、という自信がいつもあった。
 
 だが、ゴールはなかなか生まれなかった。
 
 プロ1年目と2年目は、いずれも公式戦で2試合にしか出られていないから、ノーゴールも無理はない。
 
 プロ3年目の2010年シーズンは、リーグ戦で4試合、天皇杯で2試合に出場したが、それでもゴールネットを揺らすことができなかった。
 
 雲行きがいよいよ怪しくなるのは、プロ4年目の2011年シーズンである。
 
 ナビスコカップ(現・ルヴァンカップ)と天皇杯ではゴールを決めたが、肝心のリーグ戦では23試合に出場したにもかかわらず、スタンドに熱狂をもたらすことができなかった。
 
 会心に思えたシュートが、まるで導かれたかのようにポストやバーを直撃し、跳ね返されてしまう……。
 
「シュート練習では簡単に入るし、練習試合でもたくさん点が取れるのに、いざ公式戦になると何か違う自分がいた。正直、焦りはありましたよね。『どうやったら入るのか』『どうすれば入るのか』って、ネガティブじゃないけど、次第に追い込まれていった」
 
 初めて経験するスランプだった。
 
 プロ4年目もリーグ戦ノーゴールに終わった時、川又堅碁の前にはふたつの道が用意された。
 
 新潟に残って勝負するのか、それともJ2のファジアーノ岡山に期限付き移籍して武者修行をするのか――。
 
 悩めるストライカーは、岐路に立っていた。
 
「たぶん新潟は、積極的に残ってほしいという感じではなかったんですよ」
 
 自身の置かれていた状況を、川又が落ち着いた口調で振り返る。それでも当初は、新潟に残るつもりだったという。
 
「もう1年やれば、点を取れるんじゃないかっていう感覚があったし、J2に行 って結果を残せなかったら、戻る場所はないんだろうなっていう不安もあって」
 
 ささやきかけてくる内なる声は、「残留」 を勧めていた。

【PHOTO】美女揃い!Jクラブ応援番組のMC&レポーターたち♥

1/4ページ

最終更新:4/28(金) 17:00
SOCCER DIGEST Web