ここから本文です

嬉しい初ポイント!注目の女性ドライバー・三浦愛選手が全日本F3の鈴鹿で5位を獲得!

4/28(金) 16:33配信

clicccar

4月22~23日に、鈴鹿サーキットで開催されたスーパーフォーミュラー開幕戦と併催された全日本F3選手権の第4戦と第5戦。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



全日本F3のチャンピオンシップがかかったCクラスに2016年からステップアップした初の女性ドライバーとして注目の集まる三浦愛選手。2014年にNクラスに出場した際にはクラス分けの無い時代を含めても18年ぶりの全日本F3女性ドライバーとして注目されました。



その三浦愛選手、2016年のCクラス初年度はノーポイントでシーズンを終え、開幕戦の岡山3連戦でもポイントが取れなかったのですが、ここ鈴鹿では大きな成長を見せてくれました。



22日に開催の第4戦では7番手からのスタート。しかしスタートから好調で、オープニングラップで大きな順位変動が起きる中しっかりと6位のポジションにアップ。



その後3位争いをする4台の集団の中で果敢に攻め込み、4周目にはイェ・ホンリー選手をs字コーナー進入で抜き去り5位にジャンプアップ!



そのままゴールまで突き進み5位となります。Cクラス5位という順位は全日本F3でCクラスとNクラスのクラス分けがなされた2008年からの女性最高位となります。

それ以前はクラス分けなどの条件が違うので純粋な比較が出来にくいのですが、筆者の知りうる限りでは1984年の吉川とみ子選手が獲得した女性最高位が4位で、それに次ぐ成績となります。



翌23日に開催の第5戦。こちらもグリッドは7番手。



ポイント獲得のためにはひとつ以上のポジションアップが必要ですが、第5戦では中々前に追いつけません。



前走のライバルを追い詰める決め手にはかけるものの後続の接近を許すわけでもなく、ベストを尽くしての走行を重ねていきます。



そして7番手でのゴール。しかし4位だった坪井翔選手がペナルティーにより30秒加算の9位となったことで正式順位は6位となり、2戦連続でポイント獲得となった三浦愛選手。

このポイント獲得で三浦愛選手は、鈴鹿ラウンド終了時のシリーズランキングに8位として名を連ねることになりました。



バトルでは一歩も引かずに果敢に戦い、そして粘り強さも併せ持つ三浦愛選手。女性としてだけではなく、今年はドライバーとして大いに注目していきたい選手になりました。今後のF3でどのような活躍を見せてくれるのでしょうか。

次戦の全日本F3選手権は5月12~14日に富士スピードウェイで開催されます。

(写真・文:松永和浩)

最終更新:4/28(金) 16:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)