ここから本文です

マツダ「CX-8」を日本導入、3列シートのSUVで2017年中に発売開始

4/28(金) 12:01配信

clicccar

かねてから噂のあったマツダの3列シートSUVの日本導入。「マツダはミニバンをやめちゃって(新規開発)どうするの?」といった声や、私の友人からは「MPVから買い替える新しい3列シート車(ミニバンやSUV)がなくて困っている」という相談を受けたこともあります。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

そこで待望されているのが、ロサンゼルスモーターショーで披露されたCX-9のような3列シートSUV。



ついに、ファン待望のニュースが入ってきました。4月28日、日本国内向け新世代商品として初めての3列シート車になる新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-8」を2017年中に国内で発売することを公表しました。

マツダCX-8は、同社自慢の新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」という二大看板を全面的に採用。



マツダの新世代商品群の最新モデルであり、CX-3、CX-5という日本市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなります。

マツダの小飼雅道社長は、「CX-8は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになるお客様に向けた、マツダの新しい提案です」とコメントしています。

なお、マツダCX-8の主な仕様は下記の通りです。

外寸(全長x全幅x全高) 4,900mmx1,840mmx1,730mm
ホイールベース 2,930mm
エンジン SKYACTIV-D 2.2(新世代クリーンディーゼルエンジン)
トランスミッション SKYACTIV-DRIVE(6速自動変速機)
乗車定員 6名/7名

(塚田勝弘)

最終更新:4/28(金) 12:01
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)