ここから本文です

コンクリートに頭から突っ込む!阪神のファイター・佐野仙好“魂のキャッチ”【1977年4月29日】

4/29(土) 11:10配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は4月29日だ。

 4月22日のロッテ戦(ZOZOマリン)でオリックスの右翼手・ロメロがファウルボールを追ってフェンスに激突。左ヒザを負傷し、担架で運ばれ、登録抹消となった。ここまで5本塁打、12打点をマークしただけに、オリックスにとって痛い、痛い離脱だ。

 ただ、1977年4月29日に起きた事故は戦力的マイナスとか長期離脱とか、そういうレベルではなく、「球場で人が死んだ」と多くの観戦者が思ったほどの衝撃だった。

 大洋―阪神戦(川崎)の9回裏だった。飛球を追った阪神のレフト・佐野仙好が外野フェンスに激突して昏倒。当時のフェンスにはラバーが張られておらず、コンクリートの壁に全力疾走で、しかも頭から突っ込んだということだ。「ゴツン」という鈍い音はネット裏の記者席にまで聞こえたと言われる。

 それでも佐野はボールを離さず、捕球が確認されて打者はアウトとなったが、この混乱の間に、タッチアップした一塁走者はホームイン。佐野がグラウンドに乗り入れた救急車で病院に運ばれた後、阪神の吉田義男監督は「選手の命にかかわる事態。ボールデッドだ」と34分の猛抗議をしたが受け入れられず、提訴を条件に試合は再開された。

 佐野は前頭部骨折の大ケガながら、幸い命に別状はなく、オールスター後の7月3日に復帰。その後、ふたたびスタメンも確保した。もともと負けん気が強いファイタータイプ。さらに本職はサードながら同期入団の掛布雅之の成長で前年の秋季キャンプから外野に転向し、まだまだ守備に慣れていなかったことも原因の一つとなった。

 5月12日に提訴は却下されたが、実行委員会で全本拠地球場のフェンスにラバーのクッションを張ることが提案され、全球場が了承。7月26日の野球規則委員会で「プレーヤーの人命にかかわるような事態など、プレーを中断すべき事態であると審判員が判断したときには、プレーの進行中であっても、審判員はタイムを宣告することができる」という項目が野球規則細則に追加された。

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ