ここから本文です

結局、見た目よりも中身が重要なのか? “整形はタブー”という男の幻想と美容マンガが描く女性心理

4/29(土) 15:00配信 有料

サイゾー

――医療をテーマにしたマンガは数あれど、“美容整形”をテーマにした作品はそう多くないはずだ。だが人間にとって美貌を求めることは、本能のひとつであることに疑いはなく、これをテーマにしたマンガには名作が散見される。そこで描かれる“美”への追及は、何を表しているのだろうか。

 手塚治虫の名作マンガ『ブラック・ジャック』に、「スター誕生」という有名なエピソードがある。主演映画で高い評価を得て、女優賞も受賞したひとりの女性。しかし彼女の美貌は整形によって作り替えたものだった。地味な片田舎の少女だった自分を生まれ変わらせてくれたのは、主人公である天才外科医ブラック・ジャック。そして彼女は彼を恋い慕っていた。

 若かりし頃、その女優は整形手術を受けるため、天才的な外科医ブラック・ジャックを訪れるが「人間は生まれたままの個性が美しいのだ」と反対された。だが、ブラック・ジャックは彼女の堅い決心に折れ、顔へメスを入れる。やがて成功した彼女が、再びブラック・ジャックのもとを訪れると、部屋には整形前の彼女の写真が飾られており、彼は「その娘はもう死んだ。魅力的な子だった」と言うのだった。

 このエピソードには、美容整形で美しくなるという考えを拒絶する、極めて男性的な心理が表れているのかもしれない。『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』(共に星海社新書)の著書があるライターの北条かや氏は、このエピソードを読んでこんな感想を漏らす。本文:12,701文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:4/29(土) 15:00
サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2017年10月号
9月19日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:閲覧注意な動画
第2特集:哲学的水着グラビア
第3特集:MC漢、小学生と"ビーフ"対談