ここから本文です

荒れまくる天皇賞・春。穴はクセ馬を操る横山典のゴールドアクターだ

4/29(土) 8:11配信

webスポルティーバ

◆ダービージョッキー 大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 春のGIシリーズは、これから6週連続開催。いよいよ佳境に入っていきますね。

 今週は、「8大競走」のひとつである天皇賞・春(4月30日/京都・芝3200m)が開催されます。ジャパンC(東京・芝2400m)の施行により、距離が短縮された天皇賞・秋(東京・芝2000m)とは違って、第4回(春としては2回目)から一貫して芝3200mという長丁場で争われてきた伝統の一戦です。

【写真】歴史が教える春天の「穴馬」

 実力はもちろん、地力や底力が問われる舞台とあって、かつてはタマモクロスをはじめ、スーパークリーク、メジロマックイーン、ライスシャワー、ビワハヤヒデ、メジロブライトなど、誰もが認める力のある馬が優勝。その分、”堅い”イメージが強いレースでした。しかし近年は、”荒れる”イメージのほうが強くなっています。

 実際、過去3年間の3連単の配当は、すべて20万円超えの高配当。その少し前には、91万1660円(2010年)、145万2520円(2012年)という超高額配当も飛び出していて、荒れに荒れています。

 その高配当を、逆の意味で演出しているのが、単勝1倍台の断然人気で馬群に沈んできたオルフェーヴルやゴールドシップ、キズナらの存在。また、上位人気馬がきっちり走ったとしても、相手に超人気薄が飛び込んできて高配当になる、そうした状況がずっと続いています。

 その理由は、馬づくりにおいて、やはりスピード優先になってきているからでしょう。

 それこそ、天皇賞・春が”堅かった”頃は、菊花賞(京都・芝3000m)や有馬記念(中山・芝2500m)、そしてこの天皇賞・春を含めて、中距離以上の大レースを勝った馬の価値が高い時代でした。それが今は、モーリスやロードカナロアが種牡馬としての価値を高めているように、どちらかと言えば、スピード優先の配合が多くなっています。

 その要因としては、マイルから中距離戦線の番組構成が充実していること。そして、それらの路線の賞金も高額になっていることが挙げられます。ゆえに、3200mという長丁場でタフなレースにマッチする馬が極端に減っていて、それが波乱を起こす、ひとつの要因になっていると思います。

 誤解がないよう、ここでひとつ断っておきますが、スピード優先の配合だから「この舞台では来ない」と言っているわけではありません。例えば、人気がなくて、終(しま)いにかける漁夫の利を狙ったような競馬をすれば、本質的にはマイラーの馬でも好走する可能性はあります。距離は違いますが、昨秋の菊花賞で2着に入ったレインボーライン(牡4歳)などは、その類いだと思います。

 ある程度人気を集め、関係者自身も、もちろん手綱をとるジョッキーも、勝利を意識しながら勝つ――それには、地力が必要であり、距離適性も求められる、ということです。

 では、今年の天皇賞・春はどうなのか?

 キタサンブラック(牡5歳)については、血統背景は「?」と思っていたのですが、実際には菊花賞、さらには昨年のこのレースを制しているわけですから、長丁場に対しての適性は問題ないでしょう。唯一、いつも気になることなんですが、決め手勝負になった場合がどうなのか。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか