ここから本文です

仮想モナコに手応え。ユーベ、CL前に足踏みも指揮官は楽観

4/29(土) 7:27配信

フットボールチャンネル

 ユベントスは現地時間28日、セリエA第34節アタランタ戦に臨み、敵地で2-2と引き分けた。マッシミリアーノ・アッレグリ監督は勝ち点2を逃したことを悔やみながらも、チャンピオンズリーグ(CL)に向けて良い手応えを感じている。伊メディア『スカイ』で語った。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 1点ビハインドで折り返したユベントスは後半に逆転した。しかし、89分に追いつかれて勝ち点2を逃す形となっている。

 アッレグリ監督は「この試合に勝っていれば、リーグ優勝をほぼ決めることができたのに…」と嘆いた。それでも、「シーズンのこの時期は勝ち点1も重要だ」と、セリエA制覇に前進したと感じている。この引き分けがモナコ戦に役立つかと問われると、ユベントス指揮官は「逆説的にイエスだ」と答えた。

「全ての試合に勝つことはできない。モナコはスピードがあって、アタランタと似たタイプのチームだ」

 アタランタ戦で勝ち点1を加えたユベントスは、暫定で2位ローマとの勝ち点差を9としている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)