ここから本文です

浦和レッズの移動時スーツが「カッコ良すぎ」との噂を検証!

4/29(土) 12:10配信

MEN’S+

強いチームは、プレーもスーツもコレクティブ!

 4月26日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でのウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦を6-1と圧勝し、2年連続ACLラウンド16進出を決めた浦和レッズ。それから中3日、次は明日4月30日(日)の大宮アルディージャとの『さいたまダービー』です。

【阿部、森脇、西川、槙野、柏木、武藤、遠藤、ズラ、李と勢ぞろいの動画を見る!】

 今季も開幕から好調の浦和レッズ。「2017年シーズンのレッズはさらに進化した」と、多くのファンがオベーションを送っています。しかし、それはチームの組織力、プレーの精度がアップしたばかりではないようです。今季の浦和レッズは例年以上に、移動時のスタイルからシャープにスタリッシュ。ファンからもJリーグ界隈から、さらにはファッション業界の中からも、浦和レッズのオフィシャルスーツはカッコいいと噂になっています。
 
 そこで、そのスタイルを間近で確認すべく、浦和レッズとそのスーツを仕立てた麻布テーラーとの撮影会にメンズ・プラスは侵入させていただきました。そして特別に、メイキング動画も撮影。さらには個人写真も…。

 ピッチ上ではあまり見せない、浦和レッズを代表する9人の選手たちの素顔とポーズをご覧ください!

#46 DF 森脇良太選手も参加。

 浦和レッズのオフィシャルスーツおよびウエアを手掛けるには、パーソナルオーダースーツ・シャツで、ビジネスマンの強い味方となっている「麻布テーラー」。
 
 浦和レッズと麻布テーラーとの関係は、2011年8月から始まりました。7年目となった今季は、可能な限り選手たちの意見を取り入れたスーツスタイルを完成させたのでした。 
 
 ミディアムグレイの2ボタンスーツをセミワイドの白シャツと合わせ、やや濃い目のグレイのソリッドタイを結んだコーディネイト。シンプルでオーセンティックなスーツスタイルですが、鍛えられた体と丁寧に仕立てられたジャストサイズの仕上がりが、シナジー効果を生んで強く逞しい男としてのパフォーマンスを最大化しています。
 
 皆さんもいかがですが、スタイルは行動にも反映されるものですから。

メンズ・プラス編集部

最終更新:4/29(土) 12:10
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!