ここから本文です

長友の“専売特許”で観客沸かせたヘント久保 「お辞儀パフォーマンス」誕生秘話とは

4/29(土) 8:10配信

Football ZONE web

チームメートのナイジェリア代表DFエコングの提案で実現

 ヘントの日本代表FW久保裕也は25日の優勝プレーオフのズルテ・ワイレム戦で先制点を決めると、インテルDF長友佑都の専売特許だった「お辞儀パフォーマンス」で観衆を沸かせた。これは同僚DFの熱烈プッシュで実現した秘話を明らかにしている。地元サッカー専門メディア「フトバルクラント」が報じた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ワイレム戦の前半24分に久保が魅せた。ナイジェリア代表FWモーゼス・サイモンが左サイドから右サイドへ大きく展開。走り込んだMFトマ・フォケがダイレクトで中央へ折り返すと、ゴール前でフリーになっていた久保が胸でゴールに押し込んでヘントが先制。同僚に向かって両手を合わせるとお辞儀して喜びを露わにした。

 ベルギー移籍後、公式戦加入12試合8得点となった久保はパフォーマンス誕生の裏話をこう明らかになった。

「日本ではみんなやりませんよ。挨拶ではお辞儀するだけです。でも、ウィリアムがゴールを決めたらやってくれと提案してきたので(やりました)」

 チームメートの23歳のナイジェリア代表DFウィリアム・トロースト・エコングの提案で実現したパフォーマンスだったことを明らかにした久保。活躍の裏にはチームメートとの潤滑なコミュニケーションも存在するのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/29(土) 8:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新