ここから本文です

モウリーニョ監督もCBの代役候補? 人材不足に自虐「私もハードなトレーニングをしている」

4/29(土) 9:41配信

Football ZONE web

CB陣はスモーリングやジョーンズ、ロホら主力級が相次いで負傷離脱

 マンチェスター・ユナイテッドは30日に降格圏の18位に沈むスウォンジーと本拠地で対戦するが、チームは怪我人続出の状況でジョゼ・モウリーニョ監督も頭を悩ませている。あまりの人材不足で半壊状態のセンターバック(CB)では、54歳の指揮官自身も代役候補に含まれるとジョークを飛ばしている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ユナイテッドのCB陣では、イングランド代表DFクリス・スモーリング、同DFフィル・ジョーンズ、アルゼンチン代表DFマルコス・ロホと主力級が相次いで負傷離脱。モウリーニョ監督は「現在、我々にあるオプションはアクセル、エリック、ダレイのみ」と、出場可能なのがコートジボワール代表DFエリック・バイリーとオランダ代表DFダレイ・ブリント、そして下部組織出身の19歳DFアクセル・トゥアンゼべの3人しかいない状況だと明かしている。

 そんな満身創痍のなかで、ポルトガル人監督は「私もジムでハードなトレーニングをしているからね。スウォンジー戦でモウリーニョとトゥアンゼべ(のCBコンビ)というオプションもある」と自虐気味のジョークを飛ばした。

 ただし、危機的状況は守備陣だけではない。膝の靭帯損傷でシーズン絶望となったFWズラタン・イブラヒモビッチをはじめ、MFポール・ポグバ、MFフアン・マタ、MFティム・フォス=メンサーも故障中とチームは野戦病院化している。

ルーニーの中盤再コンバートも明言

 それに加えて、マンチェスター・ダービーで退場処分のMFマルアン・フェライニが出場停止。モウリーニョ監督は「他のオプションはない」として、手薄な中盤には主将のウェイン・ルーニーを再コンバートすると明言している。

 現在5位につけ、トップ4入りのためには下位相手の取りこぼしは許されない状況のユナイテッド。苦しい台所事情のなかで、白星をつかみ取ることはできるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/29(土) 9:41
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新