ここから本文です

エマ・ワトソン特別インタビュー「『美女と野獣』のベルと私の共通点 」 [FRaU]

4/29(土) 14:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

名作アニメーション『美女と野獣』の実写映画化に際し、主人公ベル役に抜擢された女優エマ・ワトソン。自分の将来像に大きな影響を与えたと語る作品と、そのプリンセスを演じた先に、彼女が見たものとは?

『美女と野獣』ベルを演じきって目標の一つを達成できた気持ち

“ハリポタ” のハーマイオニー。もう彼女にはその代名詞はふさわしくない。女優としてだけでなく、モデル、国連のUNウィメン親善大使としてジェンダーの平等を訴える活動家など、彼女を表す代名詞は数知れず。子役からすっかり大人の女優に成長したエマ・ワトソンは、まさに今を生きる女性のロールモデルとなったといえるだろう。

「私をロールモデル、といってくれるのはうれしいけど、まだまだやりたいこと、目指すことはあるわ。でも、今回『美女と野獣』のベルを演じることができたのは、目標の一つを達成した気分。だって、私が子どもの頃に観て、自分の将来像に対して間違いなく影響を与えた役だもの。初めてオリジナル版でベル役を演じたペイジ・オハラの歌を聴いたとき、たちまち共感したのよ。

そして、この作品に出ることが決まったとき、私はベルと同じスピリット、同じ価値観を持っていて、ベルが今の私にしてくれたと感じたし、同じようにこれを観てくれる若い女性へのエールになると思ったの。もちろんプレッシャーはあったわ。でも、夢が叶ったことの方が断然大きかったし、たとえプレッシャーがすごかったとしても断る理由なんてなかった」

ベルの衣装や身の回りのものにはエマ自身の意見も

2017年版にアップデートするために変えた点もあれば、実写化にともなう変更点も多くあった。なかには、エマ自身がアドバイスしたということもあるのだとか。

「当然のことながら、アニメーションはアニメーションでしかないし、実写版は人間と動物と実景で撮影しているわけだから、それだけでも違いが出てくるはずだと思ったの。それに、彼女は、物語に流されてしまうタイプではなくて、自分の運命を自分でコントロールできるように描きたかった。先を見越して行動するような女性にしたかったのよね。だから、小さな部分も色々と変えているわ。

例えば、ベルは乗馬をする人だし、庭で仕事する人でしょ。実際にぬかるみの中で白馬に乗って、森の中を走り抜けて、お城まで行くとしたら、バレエシューズで行くのは無理があると思ったわけ。だからオリジナル版で履いていたバレエシューズはやめて、しっかりとしたブーツに変更したの。

私がそこでこだわったのは、ベルが履いているものがリアルで、実際使えるものであるということ。ベルがやっていることが、実際にできることと信じられるようにしたかったのよね」

1/2ページ