ここから本文です

香川が3試合ぶり先発へ。ドルト、王者撃破の好ムードで苦手克服狙う

4/29(土) 10:10配信

フットボールチャンネル

ボルシア・ドルトムントは現地時間29日、ブンデスリーガ第31節でケルンと対戦する。シュテーガー監督のチームとは相性が良くないが、勝ち点3をつかめるだろうか。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

【驚愕サッカー動画】ドルトムント香川、今見てもやっぱり凄かった!!

バイエルン撃破でムードは上々

 “初勝利”を挙げられるか。2017年4月29日のブンデスリーガ第31節、ボルシア・ドルトムントはホームに1.FCケルンを迎える。

 3日前のDFBポカール準決勝で宿敵バイエルンを3-2で下し、決勝進出を決めたドルトムント。ファイナルは5月27日にベルリンで行われる。ブンデスリーガの今季日程を全て終えた後のことだ。ケルン戦に向けた前日会見で、トーマス・トゥヘル監督は「もちろん雰囲気は良い」と語った。

「リーグ戦最後の試合が今シーズン最後の試合でないのならば、喜ばしいことだ」

 何はともあれ宿敵を破ったことで、指揮官が語るところでは、チームのムードは良好とのことである。そして今シーズンの最後に用意されたカップ戦の決勝は、確固たるモチベーションを維持するには十分だろう。対戦相手は現在リーグ戦9位のアイントラハト・フランクフルト。トゥヘル体制で初のタイトルは射程圏内だ。

 それではリーグ戦の残り4試合は、ベルリンの晴れ舞台に向けた調整の場となるかというと、そういう訳ではなさそうだ。現在ドルトムントは3位。このまま行けば、来季チャンピオンズリーグの本選にそのまま出場することが可能である。しかし、予選からの参戦となる4位につけるホッフェンハイムとの勝ち点差はわずか1。1つのドロー、1つの敗戦で立場は途端に逆転する。何より5月6日にそのホッフェンハイムとの直接対決が控えている状況では、やはりケルンに勝ち切っておきたいところである。

 しかし、ドルトムントはケルンとあまり相性が良くない。対ペーター・シュテーガー監督との戦績は3分2敗。オーストリア人指揮官にとって、ドルトムントは“お得意”となっている。強固な守備ブロックと、ビルドアップの中心となるユリアン・バイグルに対するプレッシング。トップ下に入った大迫勇也の正確なパスを活かした、アンソニー・モデストを筆頭とする爆発的なカウンター。昨年12月の対戦時には、そうしたシュテーガー監督の明確な戦術の前に、1-1のドローに終わっている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)