ここから本文です

バルサ対レアルOB戦でロナウジーニョが3アシスト! 十八番のノールックパスに「魔法は健在」

4/29(土) 12:20配信

Football ZONE web

錚々たる顔ぶれが出場、バルサ・レジェンズが3-2で勝利

 バルセロナとレアル・マドリードのOBによる親善試合、バルセロナ・レジェンズ対レアル・マドリード・レジェンダスの一戦が28日にレバノンの首都ベイルートで行われ、3-2でバルセロナ・レジェンズが勝利を収めた。37歳の元ブラジル代表MFロナウジーニョが3アシストと輝きを放った。

【動画】魔法が炸裂! ロナウジーニョが披露したOB戦圧巻のプレー集(YouTubeJリーグ公式チャンネル)

 バルセロナOBにはロナウジーニョをはじめ、元フランス代表FWジュリ、元イタリア代表DFザンブロッタとDFココ、元フランス代表DFアビダル、元オランダ代表MFダービッツ。レアルOBでは元ブラジル代表DFロベルト・カルロス、元スペイン代表FWモリエンテス、元フランス代表MFカランブーら錚々たる顔ぶれが出場した。

 そのなかでも一際輝きを放ったのがバルサの元10番、ロナウジーニョだった。

 前半8分、ダービッツからのパスを中央で受けたロナウジーニョはノールックで最終ラインの裏へ浮き球のパスを供給。ここへ走り込んだジュリは、背後から来たボールを左足のダイレクトボレーで叩き込む豪快なシュートでネットを揺らした。2005-06シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ優勝を飾った当時の中心選手2人が、現役時代さながらのコンビネーションを見せてバルセロナが先制した。

 レアルも同29分にはDFフェルナンド・サンスがエリア外から左足で強烈なミドルシュートをゴール左隅に叩き込むなどスーパーゴールの応酬となったが、ロナウジーニョは主役の座を譲らなかった。同38分には左サイドから左足でゴール前にクロスを送ると、パスを受けたMFシモンがGKとの1対1を冷静に沈めてバルサが再びリードを奪った。後半17分にはセンターサークル付近から絶妙なスルーパスでジュリのこの日2点目のゴールもお膳立てした。

ファンタジスタの技術に各国メディア注目

 37歳となり、無所属の状況が続くファンタジスタは3アシストと大暴れした。レアルFWハビ・ゲレーロに1点を返されるも試合は3-2で終了。23日に行われた「エル・クラシコ」と同じスコアでバルセロナが勝利した。

 スペイン紙「スポルト」の英語版ツイッターは「バルセロナ 3-2 レアル・マドリード、ロナウジーニョがアシストのハットトリック」と報じた。バルセロナ公式サイトでも「ロナウジーニョの魔法は健在」とその技術が称えられている。

 英紙「デイリー・メール」は、「ロナウジーニョがセンセーショナルな浮き球のノールックパスを供給」とこのファンタジスタの十八番に焦点を当てて伝えた。元バロンドール受賞の活躍には、やはり各国メディアが注目しているようだ。

 華麗な技術を披露したロナウジーニョだが、2015年9月にブラジルのフルミネンセ退団以降は無所属の状況が続いている。再びその魔法を公式戦のピッチで披露する機会は訪れるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/29(土) 12:36
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新