ここから本文です

本田ホルン、来季リーグ参戦に黄色信号 規定を満たせず書類再提出…5月2日に答え

4/29(土) 18:58配信

Football ZONE web

リーグからのクラブライセンス交付が不透明な状況

 日本代表FW本田圭佑が実質的にオーナーを務めるオーストリア2部のSVホルンが、リーグからのクラブライセンス交付が不透明な状況にあるという。現地メディア「クーリエ・オーストリア」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ホルンはオーストリアリーグの規定を満たすことができず、ライセンスへの必要書類の再提出を求められたとしている。5月2日には答えが出る模様で、ホルンはこの書類でパスできることを期待しているとしている。

 ホルンは「ホンダ・エスティーロ(本田圭佑のマネジメント事務所)とのパートナーシップは変わりがない」とし、「より経済的で自立したステップへのチャレンジを進めている」とした。そして「ホンダ・エスティーロがより取り組みを強化する可能性もある」としている。

 記事では「将来的にはスポーツ部門にも手を付ける必要があると」とされ、ホルンの状況は順風満帆とはいかない模様だ。まずは来季のリーグ参加を確定させるべく、ライセンス交付の行方を見守るしかなさそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/29(土) 18:58
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新