ここから本文です

ミラン正GK、衝撃の売り込み判明! 剛腕代理人がライバルクラブのインテルに提案、交渉開始も

4/29(土) 20:31配信

Football ZONE web

イタリア代表の18歳GKドンナルンマの代理人がインテルに話を持ち掛ける

 シーズンが終盤戦に近づき、移籍市場が近づいてくるなか、存在感を発揮する剛腕代理人の衝撃的な動きがスクープされた。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、ACミランの下部組織出身で18歳の守護神ジャンルイジ・ドンナルンマを、ミノ・ライオラ氏があろうことか同じミラノのライバルクラブであるインテルに売り込みを掛けていることが明らかになったと伝えている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ミランの正GKドンナルンマは昨季のシニシャ・ミハイロビッチ監督時代に17歳でセリエAにデビュー。2016年8月にイタリアA代表に初招集され、9月1日のフランスとの親善試合で代表デビューを果たした。17歳6カ月というイタリア代表史上3番目の若さ、ゴールキーパーでは最年少、またここ105年間でも最年少と、記録尽くめの代表デビューになった。

 今季もミランの正守護神として戦っているドンナルンマだが、契約が2018年6月までとなっている。確かに次の移籍市場は契約満了1年前となり、移籍か売却かの選択を迫られるタイミングだ。しかし、ライオラ代理人は顧客のドンナルンマについて、ミランの株式売却問題が落ち着くまで契約延長を待つ戦略を立てると報じられてきた。その“チャイナ・ミラン”が誕生したにもかかわらず、他クラブに話を持ち掛けたことが明らかになっている。

 しかも、その相手がなんと同じミラノを本拠地とするインテルだという。すでにインテルに対して提案を持ち掛け、インテル側も「それについて話をしよう」と交渉スタートに乗り気と見られる。

ポグバやイブラらを移籍させてきた剛腕

 剛腕で知られるライオラ氏は、これまでもユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したフランス代表MFポール・ポグバや、同じく今季ユナイテッドに加入したFWズラタン・イブラヒモビッチなど有力選手の顧客を多く抱え、メガディールを成立させてきた。今回の動きをコリエレ紙は「契約延長交渉に際し、ミランから有利な条件を引き出すためのもの」と分析している。

 それでも、ミランでは下部組織出身のDFマッティア・デ・シリオのユベントスへの移籍話が浮上した途端に、サポーターから罵声を受け、かえってデ・シリオが移籍を決意したと報じられるようなこともあった。果たして、ドンナルンマの衝撃的なインテルへの売り込み報道は、どのような事態を引き起こすのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/29(土) 20:31
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新