ここから本文です

【J1展望】神戸×甲府|復調気配漂う「レフティ」が連敗中の神戸を救う!?

4/29(土) 13:00配信

SOCCER DIGEST Web

神戸――指揮官の言葉を借りると、システムは4-4-2か。

J1リーグ 第9節
ヴィッセル神戸-ヴァンフォーレ甲府
4月30日(日)/16:00/ノエビアスタジアム神戸
 
ヴィッセル神戸
今季成績(8節終了時):3位 勝点15 5勝0分3敗 10得点・7失点
 
【最新チーム事情】
●4月26日のルヴァンカップ・広島戦で勝利。2連勝でB組首位に浮上。
●ルヴァンカップ・広島戦で、田中順が移籍後初ゴール。
●U-17日本代表のギニア・UAE遠征メンバーにU-18のDF小林が選出される。

【担当記者の視点】
 システムは広島戦(ルヴァンカップ)と同じ3-4-2-1、または、リーグ戦で一貫して採用してきた4バックの一択になる。ネルシーニョ監督は「我々のベースは4-4-2」と語るが、5バックで臨むであろう甲府を相手にどう出るか。

 いずれにせよ、上位に踏み留まるにはこれ以上の連敗は許されず、4得点を奪った広島戦のように、アタッカー陣の奮起に期待が懸かる。なかでも注目は、移籍後初ゴールを含む2得点を挙げた田中順。「イメージ通りにゴールを奪えた」と言うように、復調の気配が漂う良い流れをこの試合でも継続させたい。
 

甲府ー攻守の中軸たちが不在の事態に。

J1リーグ 第9節
ヴィッセル神戸-ヴァンフォーレ甲府
4月30日(日)/16:00/ノエビアスタジアム神戸
 
ヴァンフォーレ甲府
今季成績(8節終了時):14位 勝点9 2勝3分3敗 7得点・10失点
 
【最新チーム事情】
●新井の離脱で3バックのレギュラーが2名不在。
●引き続きウイルソンが欠場。前線でのパスの受け手に不安。
●畑尾のロングフィードに対して、より走力のある橋爪が先発か。
 
【担当記者の視点】
 前節のC大阪戦は途中出場・畑尾のプロ初得点でドローとしたものの、山本に代わって3バックの中央を務めた新井が負傷退場し、今節は欠場の見込みだ。3バックの中央、右サイドはそれぞれ畑尾と新里が務める。
 
 畑尾のフィード力を活かすべく、左ウイングバックはより走力のある橋爪を先発起用する可能性が高い。前節は阿部に代わって78分に投入されている。
 
 また前節に続き、今節もウイルソンは欠場の見込み。前線でのパスの受け手が懸念材料だが、できるだけスペースを空けず我慢強く戦い、ドゥドゥ、堀米を活かしたカウンターに活路を見出したい。

最終更新:4/29(土) 13:00
SOCCER DIGEST Web