ここから本文です

【大宮】目前に迫った“さいたまダービー”に懸ける想い(江坂任、清水慎太郎編)

4/29(土) 18:00配信

SOCCER DIGEST Web

「サポーターの熱に負けないように」(江坂)

 大宮はJ1・8節まで勝利なしで、獲得した勝点は7節・清水戦(1-1)の「1」のみ。リーグ最下位に沈む、まさに苦境だ。そんななかで30日に迫った“さいたまダービー”。首位・浦和をホームに迎える一戦に、選手たちはどんな想いで向き合っているのか
 
 江坂任、大前元紀、黒川淳史、塩田仁史、清水慎太郎、松井謙弥をクラブハウスで突撃取材。最後を飾るのは江坂と清水の92年生まれコンビだ。今季リーグ戦の2得点を挙げたふたり(2節・磐田戦では清水、7節・清水戦では江坂がゴール)の言葉をお届けする。
 
――◆――◆――
 
江坂 任選手
 
――チームが浮上のきっかけを掴めないなかで“さいたまダービー”を迎えます。
 
 そのきっかけにしなければいけない一戦。ダービーで勝てれば自信になりますし、それを糧に勝利を増やしていかなければいけません。
 
――練習の雰囲気は?
 
 やっぱり周囲からも“さいたまダービー”という言葉を強調されますし、浦和戦はサポーターの方々も燃えているはず。自分たちのその熱に負けないような戦う姿勢を見せたいと思っています。
 
――メディアも煽りますからね(笑)。
 
 煽られますね(笑)。でも、それだけ大事な一戦ということですから。それに、これだけ注目してもらえる戦いというのは、自分にとっても大きなチャンス。首位相手に結果を残せせるように、勝利にこだわってプレーしたい。
 
――昨季の浦和戦(第2ステージ4節、結果は2-2)ではゴールを奪っています。
 
 アウェーでは得点して引き分けに持ち込めましたが、ホームでは0-1で負けています。いいゲームをしていたなかで攻撃陣が結果を残せずに負けたので、本当に申し訳なかった。スコアを動かせなければ勝利はありませんし、守備陣も助かるはずなので、ゴールへの意識は持ち続けたいです。
 
――江坂選手やるべきことは?
 
 攻撃陣を牽引する役目ですね。そのうえで、ゴールやアシストなど目に見える部分。数字として結果に残るものを求められていると考えています。

1/2ページ

最終更新:4/29(土) 18:00
SOCCER DIGEST Web