ここから本文です

BWM伝統の「FR」から「FF」に変更!? BMW・1シリーズの次世代型をキャッチ!

4/29(土) 19:33配信

clicccar

BMWのエントリーモデル「1シリーズ」次世代型をカメラが初めて捉えました。



【この記事に関する関連する別の画像を見る】

次世代型最大のニュースは、BMW伝統の「FR」から「FF」へ変更される可能性が高いということです。実現すると、「2シリーズ グランツアラー」や「X1」新型に続いての「FF」化となります。



FRの走りの醍醐味と引き換えに、居住空間の向上を手にすると思われますが、実際プロトタイプを見ると、リアドアが長く、ホイールベースが延長されている可能性が高いです。

プラットフォームに前輪駆動用「UKL」を採用する新ボディは、リアウィンドウに強い傾斜を持ち、現行モデルよりかなりスポーティーなエクステリアになっていることが確認出来ます。

スポーツルックかつ、広い室内空間を求めた結果が「FF」という決断なのかもしれません。

ヘッドライトはダミーでディテールは不明ですが、関係者の話しでは、「5シリーズ」新型からインスピレーションを得たデザインが採用されるといいます。

パワートレインは、「X1」から流用される1.5リットル、直列3気筒ガソリンターボ、2リットル、2リットル直列4気筒ガソリンエンジンのほか、PHVモデルもラインナップされるようです。

また、ハイエンドモデルの6気筒エンジン搭載「M140i」は、最大馬力が350psへ向上するとレポートされています。

ワールドプレミアは2018年秋、または2019年春と予想されます。

(APOLLO)

最終更新:4/29(土) 19:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)