ここから本文です

嚙まなくても旨い!口でとろけてなくなる絶品ロールキャベツを発見!

4/29(土) 5:20配信

東京カレンダー

口に入れたらとろけてなくなってしまうほどの絶品ロールキャベツって食べたことある?

今まで食べていたロールキャベツは何だったんだ!と価値観が変わるくらい、『ビストロ ローブン』のロールキャベツは、とろとろの触感の衝撃と中毒性があるのだ。

【この記事の全ての写真】

店があるのは、オフィス街の中においしい店が点在していることで近年注目を集めている田町。

JR山手線の田町駅から大きな通りを5分ほど歩き、脇道に入ると小さなビストロ『Bistro Roven(ビストロ ローブン)』が、ひょんと現れる。

ロールキャベツとハンバーグをメインとし、40種類ものワインも味わえるここは、駅近ということもあり、地元のグルメを始め、遠方からもファンがひっきりなしに足を運ぶ名店だ。ランチとディナーの両方を楽しめるのも嬉しい。

オーナーは壁画家という変わった職業出身。絵以外で自由に表現する場がほしいと考え、このビストロをオープンさせた。「絵も料理もクリエイトするのは一緒だ」というこだわりを聞けばなお一層、『Bistro Roven』の料理を食べるのが待ちきれない……!

今回の主役『Bistro Roven』のロールキャベツには、いくつものこだわりがある。まず、料理好きにはお馴染み、STAUB(ストウブ)社の大きなココット鍋を使うとこからして、違う。

これに、キャベツの葉っぱ数枚で巻いた牛肉と豚肉の合挽き肉を寝かせ、オーブンで2~3時間やさしく大事に温める。そうすることで四方から熱が入り、また、直火でないのでロールキャベツがふっくらと仕上がるのだ。

もし、ここで通常のフライパンを使えば、オーブンから出した後に何度も火にかけ温める必要があるため、ロールキャベツの下からボロボロに崩れてしまいがち。ココットならば保温効果が高く、オーブンから出しても熱を逃がさないため、そんな悲しいアクシデントに見舞われることもない。

勘のいい東カレ読者なら、この辺で「オーブンで作るロールキャベツ」が、店名「ローブン」のネーミングの由来であることに気付いただろうか?

そして、このとろとろキャベツの上にかけるソースにも、並々ならぬこだわりがある。今回は、3種類あるソース全てをご紹介しよう。

1/2ページ

最終更新:4/29(土) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)