ここから本文です

「フランケンシュタインの恋」第2話で“怪物の父”の正体が明らかに!

4/30(日) 6:00配信

ザテレビジョン

毎週日曜、日本テレビ系にて放送中の「フランケンシュタインの恋」。4月30日(日)放送の第2話で、怪物(綾野剛)を生み出した博士・深志研太郎が登場することが明らかになった。

【写真を見る】4月30日放送の第2話では、研(綾野剛)が継実(二階堂ふみ)の姉・晴果(田島ゆみか)を傷つけたことで、稲庭工務店から姿を消してしまう

不朽の名作「フランケンシュタイン」をモチーフに、大森寿美男が脚本を手掛ける同ドラマ。ある出来事をきっかけに大学生・津軽継実(二階堂ふみ)に恋をした心優しい怪物(綾野剛)が、人々と関わることで世界を知り、またそれにより傷ついていく姿を描いた、切なくも温かいラブストーリー。

現時点では、怪物が「深志研太郎」なる医学博士の手により生み出されたことまでは語られたが、「なぜ生み出されたのか」、そして「その研太郎を演じているのは誰なのか」は一切明らかになっていなかった。そんな謎に包まれた深志研太郎博士の正体が、4月30日(日)放送の第2話でついに明かされる。

劇中で稲庭(柳楽優弥)が語っていたように、“フランケンシュタイン”とは映画の中で怪物を作り出した博士の名前のこと。そのため「フランケンシュタインの恋ということは、博士の恋物語なのか?」など、博士の存在はさまざまな憶測を呼んでいた。

第1話で継実が怪物の家を訪れた際には、白骨化した姿での登場だっただけに、博士が「生身の体」を披露するのは今回が初。気になるその正体は放送で確認しよう。

【4月30日(日)放送 第2話あらすじ】

継実(二階堂ふみ)と稲庭(柳楽優弥)の抱擁を見た研(綾野剛)は、初めて感じた嫉妬の感情からか、人ならざる者の姿に“変態”してしまう。研がその体で晴果(田島ゆみか)に触れたことで、晴果は顔を半透明の白いキノコに覆われ、意識不明の状態に。

晴果の叫び声を聞いた継実と稲庭は、倒れていた晴果を見つけ病院へ搬送する。晴果の症状から、研が何か関わっているのではと考えた継実は、稲庭に研を探すよう依頼。稲庭は工務店に戻るが、すでに研はそこから姿を消していた。

自分の家へ帰った研は、120年前に起こったある悲しい出来事を思い出していた。そんな中、彼の前に継実が現れる。再び分かり合おうとする継実に対し、研は「ぼくをもう見つけないでください」と言い残し、森の中へ去ってしまう…。

最終更新:4/30(日) 6:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ